海外移住資料館ロゴ(トップページに戻ります)

Japanese Overseas Migration Museum
Museu da Migração Japonesa ao Exterior
Museo de la Migración Japonesa al Exterior

JICA独立行政法人国際協力機構ロゴ

このページのコンテンツに移動

現在の場所は

黒田又蔵氏資料寄贈式 開催報告

2016年11月6日

2016年10月21日(金)、ブラジルへの戦前移民にあって指導的な立場にあった故黒田又蔵氏のご親族より、各方面から黒田氏へ授与された感謝状や表彰状などの貴重な資料27点とアルバムを当資料館へご寄贈いただいたことを記念し、寄贈式がとりおこなわれました。
黒田氏は、1900年熊本県に生まれ、いわゆる「大毎移民」として1924年にブラジルに渡り、1975年に没した人物です。その高潔な人格から移住者の間で尊崇を集め、太平洋戦争敗戦直後にブラジル日系社会で勃発した、いわゆる「勝ち組・負け組抗争」の際には、負け組(敗戦派)に属する黒田氏に対して、勝ち組(戦勝派)である「臣道連盟」から、護身用に臣道連盟の会員証とも言うべき、銘の入った灰皿を贈与されるほどでした。今回寄贈いただいた資料の中には、この灰皿も含まれています。
(注)大毎移民とは、昭和天皇御成婚に因み、大阪毎日新聞社(大毎)が募集した、南米移住者のこと。

当日は、ブラジルからお越しいただいたご親族ならびに日本在住のご親族、関係者にご出席いただきました。また、式終了後には、二宮正人教授(サンパウロ大学)に資料を解説いただき、みなさま興味深く耳を傾けていらっしゃいました。