• ホーム
  • JICA関西
  • 【関西地方対象・2017年度JICA「事業マネジメント研修(基礎編及び実用編)」−途上国でのプロジェクトのつくりかた−の開催のお知らせ】

【関西地方対象・2017年度JICA「事業マネジメント研修(基礎編及び実用編)」−途上国でのプロジェクトのつくりかた−の開催のお知らせ】

日時:
2017年12月18日(月曜日)他
会場:
JICA関西
主催:
JICA

※2018年2月および3月開催分につき、諸般の事情により開催を取り止め、2018年度以降に振替開催の予定です。

昨今関西地方のNGO、大学、民間企業及び自治体等からの草の根技術協力事業への応募相談が大幅に増えています。これまで国際協力のご経験があまり無い方にとっては、草の根技術協力事業を含む国際協力事業のプロジェクト形成のコツ及びプロジェクトマネジメント手法を理解することが、効果的な事業を円滑に実施するための早道となります。

また既に「草の根技術協力事業」を実施していらっしゃる団体の方でも、実施段階においてプロジェクトマネジメントについてお悩みの事がたくさんあることと思います。

そのためJICA関西では、以下の日程で、「事業マネジメント研修」の「基礎編」及び「実用編」を開催しますので、この機会にぜひご参加ください。
特に基礎編においては、受講者に対する講師からの個別相談の時間を各回翌日に設けております。こちらはオプションですが、ぜひご検討下さい。

なお、それぞれの会場では、途上国への国際協力を志す多くの皆さまとの意見交換の機会ともなります。ぜひ、この機会を意見交換の機会としてご利用頂きたく存じます。

■講師:
アイ・シー・ネット株式会社の専門講師が担当します。

■参加費用:
無料。※会場までの交通費は参加者のご負担となります。

■日時、会場及び研修概要:
(1)【基礎編】
(1回目) 開催日:2017/10/17(火)・応募〆切:2017/10/3(火)(終了しました)
(2回目) 開催日:2017/12/18(月)・応募〆切:2017/12/4(月)
(3回目) 開催日:2018/2/13(火)・応募〆切:2018/1/30(火)(※中止しました。2018年度以降に振替開催の予定です。)
各回とも開催時間は、午前9時半〜午後6時までです。
いずれの回も翌日に、オプションとして個別相談を設けます。

1.基礎編では、国際協力の現場で幅広く利用されているPCM(プロジェクトサイクルマネジメント)及びそれを分かりやすく表にしたものであるPDM(プロジェクトデザインマトリクス)に関し、講義及び演習によって、基本的知識を習得します。
2.基礎編のプログラムは関連リンクをご覧ください。各回とも同一の内容です。
3.【個別相談】 
(1回目) 開催日:2017/10/18(水)※10/17(火)の基礎編受講の方対象 (終了しました)
(2回目) 開催日:2017/12/19(火)※12/18(月)の基礎編受講の方対象
(3回目) 開催日:2018/2/14(水)※2/13(火)の基礎編受講の方対象(※中止しました。2018年度以降に振替開催の予定です。)

3.-1 オプションとして、基礎編の翌日に、講師による、希望者を対象とした個別相談を設けています。ご希望される場合は、基礎編のお申し込みの際の応募様式の「個別相談の希望」の覧に必要事項を記載してください。個別相談のみのご応募は受けておりません。
3.-2 個別相談の定員の都合上、基礎編にご参加いただいている場合でも、応募者多数の場合は、JICAで調整させて頂き、場合によってはご希望に添えなくなる場合がある旨予めご了承ください。

(2)【実用編】
(1回目) 開催日:2017/11/06(月)〜11/7(火)応募〆切:2017/10/23(月)(終了しました)
(2回目) 開催日:2018/3/01(木)〜3/2(金)応募〆切:2018/2/15(木)(※中止しました。2018年度以降に振替開催の予定です。)
各回とも開催時間は、午前9時半〜午後6時までです。

1.実用編では、既に草の根技術協力事業により実施されているプロジェクトを想定し、活動内容の改善の仕方等のシミュレーション等合理的な事業実施・モニタリング・評価の方法を講義及び演習をとおして習得していきます。
2.実用編のプログラムは関連リンクをご覧ください。各回とも同一の内容です。
3.2日連続のプログラムです。両日参加できる方のみご応募頂けます。

■応募資格、募集人数 
(1)基礎編: 
1.応募資格 関西2府4県内で、草の根技術協力事業への応募を検討している団体(NGO、大学、企業及び自治体等)に所属されている方(スタッフ、ボランティアは問いません)を対象とします。
2.募集人数 各回20名まで

(2)実用編:
1.応募資格 既にJICAとの間で草の根技術協力事業を契約したことのある、又は応募経験のある団体・自治体の担当者。原則として、基礎編又はこれに相当する研修の受講経験者を対象とします。
2.募集人数 各回20名まで

■応募方法:
基礎編、実用編のいずれへの応募についても、このHPに掲載の応募様式に必要事項をご記入の上、以下のメールアドレスまで返信をお願いします。
※なお、申込みのための個人情報は、定員超過の連絡や開催時刻の変更などの連絡及び個人を特定しない形での参加者分析にのみ使用します。

jicaksic-kusanone@jica.go.jp

■応募にあたっての留意事項:
1.ご応募後、まず、JICA関西から受信確認の返信メールを差し上げます。その後、応募締切日以降に、JICA関西から参加可否の結果について、Eメールにて連絡いたします。返信漏れの確認のため、受信後、JICA関西まで返信をお願いします。
2.多数の参加希望者がいらっしゃる場合、JICAにて調整し、既に草の根技術協力事業のコンサルテーション実施中の団体、次いで採択済・実施団体の方を優先る場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ:
jicaksic-kusanone@jica.go.jp
電話: 078-261-0341(代表)
JICA関西 市民参加協力課 草の根班(白井)