公開シンポジウム「アフリカにおける健康と社会:人間らしい医療を求めて」

日時:
2017年12月16日(土曜日)
13時半〜17時(13時より受付開始)
会場:
JICA関西 2階ブリーフィングルーム
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5−2)【会場地図
主催:
神戸大学 国際文化学研究推進センター

共催:
独立行政法人 国際協力機構(JICA)

アフリカにおける医療の現場は、グローバル化する医療技術とそれぞれの社会が持つ価値観の接点となっています。また、西アフリカにおいてエボラ熱の広がりと制御の過程が示したように、アフリカ諸国の困窮する国家財政と保健医療制度の破綻とも相まって、人々の生死を大きく左右する結果を引き起こしています。本シンポジウムではこうした現状を踏まえ、アフリカにおける公衆衛生と医療人類学に関する最新の研究成果を広く共有し、医療と社会科学、学者と市民の枠を超えて議論することを目的としています。アフリカや健康・医療に御関心をお持ちの方は、是非お越しください。

【プログラム】
13:30  主催者挨拶  梅屋潔(神戸大学 教授)
13:40  講演1 「アフリカの叡智から学ぶ:老い、子供、障がい者にとって優しい社会デザイン」(杉下智彦 東京女子医科大学 教授)
14:10  講演2 「グローバル・ヘルス時代の不確かな人生――アフリカにおける抗HIV治療の展開は人々の生活をどう変えたか」 (西真如 京都大学大学院 特定准教授)
14:40  講演3 「タンザニア農村部末端医療施設で働くヘルスワーカーの視点からの動機づけ」 
(佐藤美穂 長崎大学 助教)
15:10  講演4 「病院の門 ― 子どもが語る病院、ケア、貧困と排除:セネガルの事例から」 
(井田暁子 国際協力機構 主任調査役)
15:40  休憩
16:00  コメンテーター 落合雄彦 (龍谷大学 法学部 教授)
16:15  質疑応答・意見交換
16:45  まとめと閉会挨拶
17時頃 閉会予定

※詳しい内容については関連ファイルのチラシをご覧ください。

参加費:無料(※事前の申込みが必要です)

定員:60人(先着順)

対象:研究者、学生、市民の皆さま

【お申込み方法】
1. お名前・所属・連絡先(電話番号/FAX番号/メールアドレス)を明記のうえ、メールでお申込みください。
2. メールの件名を「アフリカにおける健康と社会 参加希望」としてください。
3. 申込みのための個人情報は、定員超過等の連絡や個人を特定しない形での参加者分析にのみ使用します。
※受付は先着順です。定員を超えた場合のみ連絡します。参加証は発行しませんので、連絡がない場合は当日直接会場へお越しください。

お問い合わせ:
神戸大学 国際文化学研究推進センター 
E-mail: gicls-promis@research.kobe-u.ac.jp
TEL. (078)803-7494
担当:栢木(かやのき)