• ホーム
  • JICA関西
  • 9月開講!!【関西地方対象・2018年度第2回JICA「事業マネジメント研修(基礎編及び実用編)」~途上国でのプロジェクトのつくりかた~の開催のお知らせ】

9月開講!!【関西地方対象・2018年度第2回JICA「事業マネジメント研修(基礎編及び実用編)」~途上国でのプロジェクトのつくりかた~の開催のお知らせ】

日時:
2018年9月25日(火曜日)・2018年9月26日(水)から27日(木)まで
午前9時半~午後6時まで
会場:
JICA関西
主催:
JICA

 昨今、関西地方のNGO/NPO、大学、民間企業及び自治体等からの草の根技術協力事業への応募相談が大幅に増えています。これまで国際協力のご経験があまり無い方であっても、草の根技術協力事業を含む国際協力事業のプロジェクト形成のコツ、プロジェクトマネジメント手法を理解することが、効果的な事業を円滑に実施するための早道となります。2016年度から開催している本研修、すでに延べ100名以上の方に受講いただいております。
 また既に「草の根技術協力事業」を実施していらっしゃる団体の担当者の方でも、実施段階においてプロジェクトマネジメントについてお悩みの事がたくさんございます。

 そのためJICA関西では、以下の日程で、2018年度第2回目となる「事業マネジメント研修(基礎編及び実用編)」を開催します。基礎編及び実用編に分かれておりますが、特に基礎編においては、少人数の方を対象とするほか、受講者に対する講師からの個別相談時間を別途設けることも可能です。(個別相談については下記5参照)

 なお、それぞれの会場では、途上国への国際協力を志す多くの皆さまとの意見交換の機会となります。ぜひ、この機会をご利用いただいて意見交換を頂きたく存じます。
また、各研修にはJICAスタッフも参加しますので、草の根技術協力事業応募に関するコンサルテーションを随時受け付けます。

【募集要項】
1.主催:JICA
2.講師:アイ・シー・ネット株式会社の専門講師が担当します。(ページ下リンク※1) 
3.参加費用:無料
4.日時、会場及び研修概要:以下のとおり、JICA関西で開催します。

(1)【基礎編】
 開催日:9月25日(火)(午前9時半~午後6時まで)
 応募〆切:9月10日(月)午後5時
 応募資格:関西2府4県内で、草の根技術協力事業への応募を検討している団体(NGO、大学、企業及び自治体等)に
      所属されている方(スタッフ、ボランティアは問いません)
 募集人数:20名程度

① 基礎編では、国際協力の現場で幅広く利用されているPCM(プロジェクトサイクルマネジメント)及びそれを分かりやすく表にしたものであるPDM(プロジェクトデザインマトリクス)に関し、講義及び演習によって、基本的知識を習得します。
② 基礎編のプログラムはページ下のリンク(※2)からご覧ください。
③ 研修終了後、JICA草の根技術協力事業実施団体の方からの実施事業の紹介を設ける場合もございます。
④ 【オプション:個別相談会 (9月28日(金)の日中)】
希望者・団体を対象に各1時間ずつ、講師による個別相談の時間を設けます(詳しくは申込用紙に記載下さい)。相談時間については、JICA関西が指定します。(下記5.参照)

(2)【実用編】
 開催日:9月26日(水)から27日(木)まで(いずれも午前9時半~午後6時まで)
 応募〆切:9月10日(月)午後5時
 応募資格:既にJICAとの間で草の根技術協力事業を実施したことのある、又は応募経験のある団体・自治体の担当
      者。ただし所属団体が草の根技術協力事業の実施経験を有していなくとも、今回の基礎編から連続して受講
      を希望される場合は、実用編の受講を認める場合もあります。
 募集人数:20名程度

① 実用編では、既に草の根技術協力事業を実施しているプロジェクトを想定し、活動内容の変更の仕方等のシミュレーション等合理的な事業実施・モニタリング・評価の方法を講義及び演習をとおして習得していきます。
② 実用編のプログラムはページ下リンク(※3)をご覧ください。
③ 2日連続のプログラムです。両日参加できる方のみご応募頂けます。
④ 研修終了後、個別相談又はJICA草の根技術協力事業実施団体の方からの実施事業の紹介を設ける場合もございます。

5. 基礎編オプション「個別相談」の受講要件 
基礎編のオプションとして9/28(金)に開催する「個別相談」については、毎回多数の相談希望があり、お断りさせて頂く方もございました。
そのため今回から原則として、次の条件に合致する参加者のみを対象とさせていただきます。
なお、本条件に合致する希望者が多数いらっしゃる場合、従来同様、JICAの方で受講者を選考させていただくこともある旨ご理解頂ければ幸いです。

<個別相談受講要件>
① 基礎編又は基礎編に相当する業務経験或いは他のPCM研修の経験を有すること
② 次の2つの書類を様式に基づいて作成し、JICA関西に対して9月10日(月)までに提出すること
a) 事業アイディア相談シート(ページ下リンク※4)
現在、ご検討のプロジェクトにかかる当該地域における情報及び実施したい活動計画案を記載していただくものです。
b) PDM案(ページ下リンク※5)
ご作成いただくPDM案については、ラフな内容で構いません。いただいたPDM案をもとに、どのようにPDMの内容をブラッシュアップするか、講師がアドバイスします。
③ JICA関西又はJICA在外事務所で事前に担当者のコンサルテーションを受けていること
④ 現地のフィールドを訪問し、かつカウンタパート機関との協議(意見交換)を行っていること

6. 応募方法・問い合わせ先:
 基礎編(個別相談含む)、実用編のいずれへの応募についても、このHPに掲載の申込用紙に必要事項をご記入の上、以下のメールアドレスまで返信をお願いします。
※なお、申込みのための個人情報は、定員超過の連絡や開催時刻の変更などの連絡と、個人を特定しない形での参加者分析にのみ使用します。

 jicaksic-kusanone@jica.go.jp
 電話: 078-261-0341(代表)
 JICA関西 市民参加協力課 草の根技術協力事業/NGO連携班(白井)

7. 応募にあたっての留意事項:
ご応募後、まず、JICA関西から受信確認の返信メールを差し上げます。その後、応募締切日以降に、JICA関西から参加可否の結果について、Eメールにて連絡いたします。