2018年度 開発教育・国際教育セミナー 実践編「SDGs達成を目指す国際協力人材になるために」

日時:
2018年10月21日(日曜日)
第1部:10:00から16:00まで
第2部:16:30から18:00まで
    (一部のみの参加も可能です)
会場:
大阪国際交流センター
  地下鉄・谷町九丁目駅(10番出口)より500m
  近鉄・大阪上本町駅 (14番出口)より400m
主催:
公益財団法人大阪国際交流センター・公益財団法人大阪府国際交流財団・独立行政法人国際協力機構関西センター

2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」では、だれ一人取り残さないことを理念とし、2030年までに実現すべき17の目標を定めています。一人ひとりが意識を高め、開発課題を構造的に理解するとともに、国際的な協力によって目標が達成されるよう、さまざまな場面でのアクションが必要とされています。
そこで、今年度の開発教育・国際教育セミナー実践編では、SDGsに対する普及啓発と、SDGs達成に向けて
国際協力の視点から行動できる人材育成をねらいとして実施します。是非、ご参加ください。

プログラム:第1部
【ワークショップ】
       『わたしたちの村を発展させよう』
        講師:木下 理仁さん(かながわ開発教育センター(K-DEC)理事・事務局長)
        村の発展のためには、「水道」「電気」「道路」のうち、なにを優先して整備するべきか。初めの3年
        間だけ外国からの援助が受けられるとしたら・・・。途上国の村人の立場から「援助」を考えることに
        よって、開発問題や国際協力について考えるときのだいじなポイントが見えてきます。タンザニアでの
        取材をもとに制作された教材を使ってワークショップを体験します。
        後半では、参加型学習教材の作り方、ファシリテーターの心得についても学びます。

      第2部
      【青年海外協力隊体験談】
       青年海外協力隊の体験談を通して、現地の活動支援で求められるスキルや技術について考えます。
       青年海外協力隊・シニア海外ボランティアの事業に関しても紹介します。

       当日の体験談は、
        ●モザンビーク・幼児教育
        ●インドネシア・看護師
        ●ルワンダ・コミュニティ開発
       
       ※10月1日~11月1日は青年海外協力隊・シニア海外ボランティア秋募集期間です。

参加費:無料 ※事前申込み必要

定員:50人(先着順)

対象:教員、教職を目指す学生、地域活動に取り組む方、開発教育・国際教育に関心のある方

締切り:2018年10月18日(木)<必着>

お申込み方法:お名前(ふりがな)・所属先・連絡先(電話番号/メールアドレス)・所属・ご参加プログラム(第1部のみ参加・第2部のみ部参加・両方参加)いずれかを明記のうえ、メールまたはFAXでお申込ください。
ただし、件名を「開発教育・国際教育セミナー実践編参加希望」としてください。
※申込みのための個人情報は、定員超過の連絡や開催時刻の変更などの連絡と、個人を特定しない形での参加者分析にのみ使用します。

お問い合わせ:
JICA関西 市民参加協力課 開発教育・国際教育セミナー実践編 担当 近江 竜也
TEL.(078)261-0384(直通) FAX.(078)261-0357 E-mail: jicaksic-renkei@jica.go.jp
[問合せ受付時間:土・日・休日を除く 10時から12時まで/13時から17時まで]