KICC市民講座×JICA国際協力出前講座 ルワンダと神戸

日時:
2018年10月20日(土曜日)
13時30分から15時30分まで
会場:
神戸国際コミュニティセンター(KICC) 会議室
(兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-4 神戸商工貿易センタービル2F)【会場地図 新しいウインドウで開きます
主催:
公益財団法人 神戸国際協力交流センター、JICA関西

 神戸市とルワンダ共和国キガリ市は2016年にパートナーシップ共同宣言に署名して以来、ICT分野を中心にビジネス、学術、行政における連携を推進しています。
 この機を捉えて、理科教育の職種でルワンダの教育機関に派遣されていたJICAボランティア経験者と、2017年よりルワンダとのICT分野のビジネス交流推進に取り組む神戸市アフリカ神戸リエゾンオフィサーを講師に迎えて、ルワンダ発展の土台となる教育環境の実情や神戸市がルワンダとの協力を通じて目指していることなどをお話しいただきます。
 
<プログラム>
第1部 JICAボランティア体験談「リアル・ルワンダ」
 登壇者:鎌中 俊充 氏(青年海外協力隊(2015年~2017年) 理科教育
 小・中・高等学校に配属し、中学レベルの物理を担当。理論に偏っている授業に対して、限られた機材を活用した実験導入を推進し、生徒たちの理科への関心を高める。並行して、教員への授業指導やアドバイスにも取り組む。

第2部 神戸市の国際協力「神戸市とルワンダ、アフリカとの協力」
 登壇者:Hasen Keder Edris(ハサン・ケデュール・エドリス)氏(神戸市アフリカ神戸リエゾンオフィサー)
 2017年4月から、アフリカ地域におけるビジネス環境の調査や協力団体の発掘、経済交流・連携の推進を目的に就任。特に、ルワンダ共和国と進めているICT分野でのビジネス交流の更なる推進、現地で実施するICT教育プログラムをサポート。
 ※講演は日本語で行います

 また、本セミナーはJICAボランティア募集期間中(10月1日(月)~11月1日(木))に、JICAボランティア経験者から直接体験談を聞くことができる数少ない機会です。
 当日は、JICAボランティア応募をご検討の方のご相談も承ります。

参加費:
  無料 ※事前申込み必要

定員:
  50人(先着順)

締切り:
  2018年10月18日(木曜日)

お申込み方法:関連ファイルの申込書をFAX、もしくはメールに必要事項をご記載の上、ご送付ください。
 ① 申込書(キリトリ線より下)を神戸国際コミュニティセンター(KICC)カウンターに提出
 ② 申込書をFAX 078-291-0691
 ③ Eメールで kic03@kicc.jp に件名を「市民講座参加希望」とし、氏名・電話番号を本文に記載して送信

お問い合わせ:
公益財団法人 神戸国際協力交流センター TEL.(078)291-8441