• ホーム
  • JICA関西
  • JICA × Piece of Syria × テラ・ルネッサンス 持続可能な国際社会をつくるためのSDGs実践者セミナー 「紛争」と「難民」

JICA × Piece of Syria × テラ・ルネッサンス 持続可能な国際社会をつくるためのSDGs実践者セミナー 「紛争」と「難民」

日時:
2019年6月8日(土曜日)
13:30~17:00(その後、交流会17:40まで)
会場:
KYOCA京果会館 3F HACOBA 【会場地図 新しいウインドウで開きます
主催:
JICA関西

【協力】認定NPO法人 テラ・ルネッサンス、シリア支援団体Piece of Syria

【こんな方におススメ】
・難民問題に関心がある
・シリアや南スーダンの現実に関心がある
・JICAや国際協力NGOの活動に関心がある
・持続可能な社会へ向けて、自分にできることを考えたい

【講師】
・中野 貴行さん (元青年海外協力隊(JICA) シリア / シリア支援団体Piece of Syria代表)
・栗田 佳典さん (認定NPO法人 テラ・ルネッサンス 京都本部事務局)

【内容】
世界で6800万人を超え、かつてない規模へ拡大している難民問題。
持続可能な社会の実現を目指し、「誰一人取り残さない」をスローガンとするSDGs達成へ向けて、難民問題に向き合うことは必須です。
かつて日本より平和だったシリアは今、内戦によって一国では世界で最も多い600万を超える人々が、世界各地へ避難を余儀なくされています。
また、アフリカ・南スーダンでは、近年に生じた大規模な衝突によって、200万を超える人々が、国内外へ避難を余儀なくされています。
そうした現実を自分事として捉え、活動されている方々がおられます。
戦前のシリアで、JICAの青年海外協力隊として活動され、戦時もずっと、シリアの子どもたちへの教育支援や、トルコでのシリア難民の方々へ支援し続けておられるシリア支援団体Piece of Syria代表 中野貴行さんと、南スーダンの隣国ウガンダにて、南スーダン難民の方々への自立支援を行われているNGOテラ・ルネッサンス 栗田佳典さん。

こうした国際的なSDGs実践者から、紛争と難民の現実を伺うことを通して、持続可能な社会をつくるために、私たちにできることを、ぜひ一緒に考えませんか?

【プログラム(予定)】
●13:30 – 13:40 アイスブレイク
●13:40 – 14:50
第1部 「シリア内戦と難民の現実」
講師 : 中野 貴行さん
(元青年海外協力隊(JICA) シリア / シリア支援団体Piece of Syria代表)
  
●15:00 – 16:10
第2部 「南スーダン紛争と難民の現実」
講師 : 栗田 佳典さん(認定NPO法人 テラ・ルネッサンス 京都事務局)

●16:20 – 17:00 振り返り & 質疑応答
参加者の皆さんとのグループワークを通して本日の学びを振り返り、講師の方々への質疑応答を行いながら、難民問題に対して、私たちにできる実践を一緒に考えましょう。

●17:00 - 17:40 交流会
お時間ある方は、ぜひ講師の方々や参加者の皆さんと一緒に交流しましょう。

【お申込み】
お申込みは、以下のお問合せ先に、メールかお電話で、以下の①~③をご連絡ください。
メールの場合、件名を「SDGsセミナー申込み」としてお送りください。
①お名前 ②ご所属 ③講演者へご質問(任意)

申込〆切は、6月6日(木)

【会場アクセス】KYOCA京果会館 3F HACOBA
 〒600-8841 京都府京都市下京区朱雀正会町1−1  TEL: 0120-60-8448
 JR嵯峨野山陰線「梅小路京都西駅」 徒歩1分(京都駅から一駅の新駅)

お問い合わせ:
JICA京都デスク(担当:長谷川)
TEL: 075-365-7786 / 080-8506-3714
E-mail:jicadpd-desk-kyotofu@jica.go.jp