JICA海外協力隊セミナー「世界とつながるーこれがわたしの生きる道」

日時:
2019年9月21日(土曜日)
14時から19時まで
会場:
阿倍野市民学習センター
主催:
JICA関西、青年海外協力隊大阪府OBOG会

青年海外協力隊経験者が、どのように活動してきたか、
帰国後は経験をどう生かしているのかを聞くことができます。
また、協力隊を希望している方のご相談にも対応します!

《プログラム》
➀14:00~14:15 JICAボランティア事業説明
 ➁14:15~15:45 青年海外協力隊経験者による体験談
 ➂16:00~17:30 協力隊体験者との座談会
 ※別枠16:00~19:00 個別相談会

《体験談》
相川香菜さん(ガーナ:コミュニティ開発)
㈱N yura konko代表取締役
大学卒業後、協力隊を経て、化粧品・健康食品の企画/輸入/販売会社を起業。ガーナの自然素材を使った商品作りを展開し、ガーナ女性の雇用と経済的自立を支援しています。

廣瀬拓哉さん(ブラジル:野球)
日系社会青年海外協力隊
日本で教鞭をとった後に、ボランティアとして、ブラジルの日本人協会内の野球部にて技術指導・日本文化の伝達などを実施。担当チームを率いて日本遠征を果たしました。

荏原優子さん(バングラデシュ:看護師)
山添村コミュニティナース
救命救急でスキルを磨き、医療難民のために働きたいと協力隊として活動。日本でも地域医療に携わりたいと奈良県山添村でコミュニティナースとして働いています。

座談会にも多数の協力隊経験者が参加予定!
【参加予定の協力隊OB】
青少年活動:モザンビーク、デザイン:ボツワナ、コンピュータ技術:ボツワナ、バドミントン:エチオピア、
栄養士:グアテマラ、数学教育:モザンビーク、服飾:ウガンダ
大学卒業後すぐ新卒で参加した方、現職で参加した方、退職してからなど、参加の時期もさまざま。

経験者ならではのリアルな話を聞くことができます。
協力隊の活動に留まらず、帰国後協力隊経験をいかに生かしていくことができるか、どのような将来像を描いているかなど、参加者でディスカッションをしましょう。

参加費:無料

定員:先着100名(要申込)

対象:国際協力をしたい人、海外に興味がある人、協力隊に関心のある人

お申込み方法:
 件名を「協力隊セミナー参加希望」とし、メールにて①➁③をご連絡ください。定員に達し次第、申込を締切ります。
※途中入退出をご希望の場合は、参加されるプログラムをお知らせください。
 ➀お名前・ふりがな ➁ご連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)③ご所属
申込みのための個人情報は、定員超過の連絡や開催時刻の変更などの連絡と、個人を特定しない形での参加者分析にのみ使用します。

会場住所:阿倍野市民学習センター 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階 講堂

お問い合わせ:
JICA関西 市民参加協力課 jicaksic-jocv@jica.go.jp