【会場&オンライン】和歌山県国際交流センターグローバルセミナー~途上国に寄付をしてみたらPartⅡ~

日時:
2020年10月25日(日曜日)
13:30~15:30
会場:
和歌山県国際交流センター交流ラウンジまたはオンラインシステムZoom
主催:
和歌山県国際交流センター

共催:JICA関西
協力:認定NPO法人開発教育協会(DEAR)

イベント概要:【参加型ワークショップ】

“途上国に寄付してみたら…” 世界がどうなった?自分はどう思った?
昨年度のグローバルセミナーでは、この問いかけをテーマに、映画「ポバティ・インク~あなたの寄付の不都合な真実~」を鑑賞し参加者と共に寄付や国際協力について考えました。実施後のアンケートには、「支援先のことをもっとよく知る必要がある」「私たちの寄付がどのように役立つかよく考えて寄付するべきと感じた」という声が寄せられました。
ではコロナ禍の世界ではどうでしょうか。国内外から様々な形の支援・寄付の呼びかけCMが増える中、今、私たちはどのように世界をとらえ、寄付を含めた支援先との関わり、あるいは自分自身の日々の行動を決めていくべきなのでしょうか。
今年度は昨年度の続編として世界がこの15年、あるいはコロナ禍でどのように変化し、SDGsの目標期限である2030年はどのような未来になっていくのか、また開発教育や国際協力がどのように変化していったかを参加者と一緒に考えていきます。

プログラム内容:
◎グループワーク(自己紹介)
◎グループワーク(15年前の世界と今の世界、そしてこれから)
◎ミニ・レクチャー(SDGsと開発教育について)
◎グループワーク(ふりかえり)
※講義ではなくグループでの話し合いが中心です。

講師:認定NPO法人開発教育協会(DEAR)八木 亜紀子さん
定員:いずれも先着順 会場参加:15名・オンライン(Zoom)参加20名(カメラをオンにして参加できる方)
対象:和歌山県在住・在勤・在学の方
参加費:無料 
お申込み方法:下記のURLに必要事項を明記ください。オンラインでの参加者には後日参加できるURLをお送りいたします。https://forms.gle/gisv33KjfXaYcTLCA
【申し込み締め切り】:10月22日(木)正午

お問い合わせ:
お問い合わせ:JICA和歌山デスク 中嶋 悦子
TEL. (073)-435-5240/080-8506-3719 FAX. (073)-435-5243 E-mail: jicadpd-desk-wakayamaken@jica.go.jp
[問合せ受付時間:土・日・祝日を除く 10時から16時まで]