過去の展示情報 JICA関西ロビー展 「バガモヨの日々」−タンザニアの海辺の町から見えてくるもの−

2017年4月5日

日時:2017年2月22日(水曜日)から4月4日(火曜日)まで(終了しました)

会場:JICA関西1階ロビー

かつて奴隷貿易で繁栄したタンザニアの海辺の町バガモヨ。そこで暮らす人々の素顔を写真を通して紹介しています。

水汲みや食事作りをする女たち。魚市場で働く男たち。サッカーに興じる子どもたち。アートで生計を立てる芸術家。卒園式や結婚式に正装して臨む人たち。バガモヨの「ケ」から「ハレ」までの日常シーンで垣間見える人々の表情は、とても素朴で穏やかです。どの情景にも豊かな笑顔と「光」があふれています。家族や近隣と支えあい、コミュニティを大切にしながら暮らす活力ある人々の光景は、私たちに懐かしさをも感じさせます。

JICAボランティアとしてタンザニアのバガモヨ県コミュニティ開発局で住民活動の支援に携わった浦勇樹さん(奈良県橿原市出身)による写真展を現在開催中です。「ソニーワールドフォトグラフィーアワード2016」日本部門賞2位に入選された作品も展示しています。ぜひ迫力あるモノクロの世界でバガモヨの風を感じてください。