2017年度JICAボランティア留守家族連絡会・帰国報告会

2018年1月24日

留守家族連絡会でのご講演

伝え方講座で発表の練習

帰国ボランティアで集合写真

2018年1月20日(土)に『2017年度JICAボランティア留守家族連絡会・帰国報告会』を開催しました。
当イベントは2部構成で実施し、派遣中ボランティアのご家族(留守家族)の皆様には、第1部の「留守家族連絡会」にて、JICAのボランティアに対する支援体制をご説明しました。また、ご子息がJICAボランティアに参加した経験のある留守家族に、当時の心境や、現地視察の経験などについてお話しいただき、ご参加頂いた留守家族の皆様から「不安や疑問の解消に繋がった」というコメントも多く頂戴しました。

午後からの第2部「帰国報告会」では、2年間の開発途上国でのボランティア経験を活かして、国内で新しい一歩を踏み出そうとしている、帰国ボランティア22名に、熱い想いを発表して頂きました。

 帰国ボランティアの皆様には、午前中に「体験談の伝え方講座」にご参加頂き、ご自身の経験を整理し、上手く伝えられるようノウハウを学んでいただきました。そこで学んだことを活用して、午後の「帰国報告会」では、素晴らしい発表をして頂きました。
これからも、教育現場や国際協力イベント等において、JICAボランティアの経験をたくさんの方に伝えて頂きたいと期待しています。
 
「帰国報告会」では、留守家族だけでなく、企業・自治体や一般の方々を含め175名にご参加頂きました。
当イベントによってJICAボランティア事業への理解が深まり、関心を広げる機会となっていれば幸いです。
改めまして、ご多忙の中、『2017年度JICAボランティア留守家族連絡会・帰国報告会』にご参加いただき、誠にありがとうございました。
今後とも、ご理解・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

JICA関西 市民参加協力課