過去の展示情報 JICA関西ロビー展 阪神・淡路大震災の経験を世界に発信 —国際防災研修センター(DRLC)のあゆみー

2018年2月20日

日時:2017年12月12日(火)~2018年2月14日(水)
(終了しました)

“阪神・淡路大震災から10年にあたる2005年、神戸で開催された「第2回国連防災世界会議」では、「兵庫宣言/兵庫行動枠組2005-2015」が採択され、「国際協力を通じた開発途上国の災害対応能力向上の必要性」が謳われました。
これを受けてJICA関西と兵庫県は、阪神・淡路大震災の経験と教訓を活かし、開発途上国の防災・減災に携わる人材を育成するため、2007年に国際防災研修センター(DRLC:Disaster Reduction Learning Center)を共同で設立し、今年で10年目を迎えました。
パネル展では、DRLCの2007年からの活動を展示し、日本が災害から得た教訓や知見が世界中に広がり、活かされていることを紹介しています。
DRLCは今後も、兵庫県内外に集積する防災関連機関や国際機関と連携し、日本の災害経験と知見に基づく防災の取り組みを、広く効果的に世界に発信していきます。