過去の展示情報 JICA関西ロビー展 「ニジェールの人々とともに~故谷垣雄三医師の国際医療協力展~ 」

2019年3月19日

ロビー展の様子

日時:2月14日(木)から3月18日(月)まで → 終了しました

アフリカのニジェールにJICAの医療専門家として派遣されていた、谷垣雄三医師(京都府出身)の活動を紹介するロビー展を開催します。ニジェールは、アフリカ北西部、サハラ砂漠の南部に位置する内陸国です。高温で乾燥した厳しい環境で知られています。谷垣医師は、1982年からJICA専門家として派遣されましたが、任期終了後も同地にて医療協力の理想を実現すべく、独力でニジェールの人々のために外科医として医療協力活動を続けてこられました。2017年3月に現地で亡くなられるまでその協力活動は続きました。その間、読売国際医療功労賞、シチズンオブザイヤー賞、読売国際協力賞をはじめ数々の賞に輝きメディアでも紹介されるなど、その偉業は日本でも多くの方々に知られることとなりました。ニジェールの人々からは、「ドクター・タニ」と呼ばれて尊敬を集めていたといいます。
昨年、谷垣夫妻を偲び、長野県松本市、駒ケ根市にて、「谷垣雄三・静子夫妻追悼企画展」が開催されました。今回の展示は、同企画展を主催した信州大学ワンダーフォーゲル部OB会(波里美知会)のご厚意で、展示されていた写真及び絵画の一部をお借りして実現したものです。なお、絵画は、ニジェールの地で谷垣医師を支えてこられて現地で亡くなられた静子夫人によるものです。
アフリカのニジェールの地で活躍された日本人・谷垣雄三医師について、多くの方に知っていただきたいと思います。JICA関西にて、是非一度、本展示をご覧ください。

主催:JICA関西
共催:信州大学ワンダーフォーゲル部OB会(波里美知会)
協力団体:特定非営利活動法人 アジア・アフリカにおける医学教育支援機構 谷垣雄三医師を支援する会(京丹後市峰山町)、横浜港北ロータリークラブ、信州大学医学部同窓会(松医会)※順不同