JICA関西SDGsプラザ、大阪南港ATCに上陸!

~普段のくらしとSDGsのつながり、国際協力の役割を学ぼう!~

2018年8月9日

「私の着ているTシャツ、作るのにどれくらい水が使われているの?」
「今飲んでいるコーヒー、もしかしたら児童労働により生産されたものかもしれない…」

2018年7月下旬、JICA関西は、SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)を分かりやすく学べる、楽しい展示コーナーを大阪南港ATC(おおさかATCグリーンエコプラザ)に開設しました。Tシャツやコーヒー豆、食器洗剤など、私達の身の回りのものはどこで、どの様に作られているのか。環境に負荷はないのか。電気や水をこのまま使い続けるとどうなるのか。展示コーナーでは、私達の普段のくらしとSDGsとのつながりについて、すごろくやサッカーキックゲームなどを通じて、お子様にも楽しく学んで頂けるようなしかけを準備しています。 

2015年9月、国連本部にて全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」。このアジェンダでは、国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、17のゴールが持続可能な開発目標(SDGs)として設定されました。「国際社会」というと、どこか遠い世界の取組として感じられる方も多いかもしれません。しかし、エネルギー、気候変動、教育など、SDGsは開発途上国など遠い世界の話だけではなく、日本人をはじめ、私達一人ひとりの生活ともとても関係があります。

夏休み期間中、おおさかATCグリーンエコプラザでは、JICA関西SDGsプラザの他にエコを体験するワークショップ「エコワールドフェス~未来につながるSDGs~」など各種イベントも実施されます。是非、ご家族、お子様と一緒に、私達一人ひとりがSDGsの目標達成のために日頃から取り組める事、そして国際協力を通じて出来ることについて、感じて、学んで頂ければと思います。

●期間:常設展
●会場:おおさかATCグリーンエコプラザ
    大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟11階
(最寄駅:ニュートラム(南港ポートタウン線)「トレードセンター前駅」下車直結)
●入場料:無料
●開館時間:10時~17時(月曜、年末年始休館)
●お問合せ先:
JICA関西 総務課 JICAプラザ関西担当
TEL.(078)261-0346(直通) FAX.(078)261-0342 E-mail: jicaksicad@jica.go.jp
(問合せ受付時間帯:土・日・休日を除く10時から12時まで/13時30分から17時まで)