民間連携事業

JICAの「民間連携」の「民間」とは

JICAは官民連携や国民参加を促進するために「開発パートナーシップの推進」を掲げています。連携対象には、地方自治体、大学、民間企業、NGOなどが含まれます。ここでの民間連携は、開発途上国で活動する主として本邦民間企業を考えています。

JICAの民間連携について

昨今、途上国の経済成長と持続的な社会発展・貧困削減における民間企業や民間資金の重要性は増すばかりです。換言すれば途上国への政府開発援助の成果を拡大継続するために民間セクターの役割が決定的な重要性を持つといっても過言ではありません。このため、JICAは開発協力のパートナーである民間企業との連携の強化を進めています。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

民間連携に関する情報

JICA駒ヶ根の取り組み

JICA駒ヶ根では、2014年により、民間連携の専門スタッフを配置し、長野県内の中小企業をはじめとする民間企業の途上国での展開に向けたサポートを開始。2015年から県内企業による「中小企業海外展開支援事業」が開始されました。

またJICAの支援事業を紹介するセミナーを県内各地で開催しており、県内の金融機関や中小企業支援機関との連携も進めています。

途上国への進出にご関心のある県内の企業の皆様は、JICA駒ヶ根までお気軽にご相談ください。

【問い合わせ先】
駒ヶ根青年海外協力隊訓練所(JICA駒ヶ根)
TEL:0265-82-6151 FAX:0265-82-5336
E-mail:jicakjv-pdt@jica.go.jp

【画像】