信州発、国際医療支援フレーズ集データ公開

2018年2月21日

【画像】JICA駒ヶ根では2015年に青年海外協力隊発足50周年を記念し、佐久市にある佐久総合病院と協力し、途上国における災害時の日本政府による国際緊急援助活動や、現地在住日本人、本邦在住外国人の医療機関受診の支援を目的とした「信州発、国際医療支援フレーズ集」(ネパール語、シンハラ語、ベンガル語)を作成いたしました。

これまでは、原則依頼のあった方のみ同フレーズ集のデータを提供する形でありました。この度、利用者の利便性をより高め、活用の幅をより広げていくことを目的に同フレーズ集のデータを公開することとなりました。より多くの皆様にご活用いただけるよう願っております。
なお、本フレーズ集の制作を行ったJA長野厚生連 佐久総合病院及び独立行政法人国際協力機構 駒ヶ根青年海外協力隊訓練所は、利用者が本フレーズ集を用いた結果生じた損害について、何ら責任を負うものではありません。また本フレーズ集を無断で転載、改変する事を禁じます。