【2013年3月号】帰国した研修員のメッセージを紹介します。

日本での研修を終えて帰国した研修員からのメッセージを紹介します。今回はフィジー、カンボジア、ベトナム、モーリシャス、リビア、ブルキナファソ、ラオス、タンザニアからの研修員です。カンボジアのシオさんのメッセージには、彼女が感じた日本の良いところ、あまりよく感じないところが正直に書かれています。彼女のように、日本の物価は高いと言う研修員は多いですが、物価も高いが質も良いと言ってもらえると嬉しいですね。ぜひご一読ください。

【写真】国名:フィジー

名前:Ms. CHAND Shalveena Kumari

参加研修:食品衛生のための行政能力強化

【写真】国名:カンボジア

名前:Ms. SIO Sreymean

参加研修:カンボジア工科大学鉱物資源学科研修第二バッチ

【写真】国名:ベトナム

名前:Mr. Vo Van Dung

参加研修:水環境行政

【写真】国名:モーリシャス

名前:Mr. UTCHAMAH Rajesh Shiam

参加研修:下水道維持管理システムと廃水処理技術(B)

【写真】国名:リビア

名前:Mr. MOUSSA Adal Saad

参加研修:保健人材育成 地方村落における地域保健

【写真】国名:ブルキナファソ

名前:Mr. TAPSOBA Boureima

参加研修:保健人材育成 地方村落における地域保健

【写真】国名:ラオス

名前:Ms. PHIMPHACHANH Santisouk

参加研修:低炭素化社会実現のための発電技術(C)

【写真】国名:タンザニア

名前:Mr. MABELELE Nkingwa Mathias

参加研修:次の10年に向けてのAIDSの予防及び対策

関連リンク