【2015年3月号】帰国した研修員のメッセージを紹介します。

日本での研修を終えて帰国した研修員からのメッセージを紹介します。今回はカンボジア、スワジランド、ザンビア、ヨルダン、インドネシア、パレスチナ、東ティモールからの研修員です。みなさんが日本での良き思い出や貴重な体験のエピソードを語ってくれていますが、特にザンビアのジェフさんからは楽しかった北九州市滞在の雰囲気が伝わってきます。ぜひご一読ください。

【写真】国名:カンボジア

名前:Ms. KRY Nallis

参加研修:カンボジア工科大学 地球資源・地質工学科(九州大)

【写真】国名:スワジランド

名前:Ms. DLAMINI Thembie Maureen

参加研修:HIV/エイズ予防および対策−MDG6達成にむけて−

【写真】国名:ザンビア

名前:Mr. CHANDA Jeff

参加研修:低炭素化社会実現のための発電技術(C)

【写真】国名:ヨルダン

名前:Mr. AL-JEZAWI Mahmoud Ahmad Mahmoud

参加研修:民生部門の省エネ推進(B)

【写真】国名:インドネシア

名前:Mr. PETRUS Himawan Tri Bayu Murti

参加研修:地質資源1(RF)

【写真】国名:パレスチナ

名前:Mr. HAMDAN Maher Mousa Hussien

参加研修:下水道システム維持管理(B)

【写真】国名:東ティモール

名前:Ms. ALI HOSMAN MAIA Hadidja Binti

参加研修:保健人材開発−地方村落における地域保健−

関連リンク