JICA九州センター設立30周年記念イベントを開催します!

日時:
2019年10月5日(土曜日)
会場:
JICA九州センター
北九州市八幡東区平野2-2-1
(JR八幡駅から徒歩10分)【会場地図
主催:
JICA九州

九州と世界の架け橋に -JICA九州30周年祭-

JICA九州センターは今年で開設30周年を迎えます。
そこで地域の皆様やこれまでJICA事業にご協力いただいた皆様への感謝を込めて、多くの皆様に楽しんでいただけるようなイベントを開催します。
ぜひお気軽にお立ち寄りください!

【10月5日(土)10時~19時 メインイベント】(会場:ロビー・ラウンジ)
・北九州市の歴史を知るパネル展
・青年海外協力隊事業紹介パネル展
・SDGs(持続可能な開発目標)紹介パネル展
・世界の民族衣装試着&写真撮影
・スタンプラリー(民芸品などの景品をプレゼント)
・物品販売
 青年海外協力隊OV手作りお菓子、ジャム、緑茶
 宮崎学園高校インターアクト部制作アフリカの布を使ったエコバック
 近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科学生と「よつば珈琲」共同開発による南米ペルーのフェアトレードコーヒー
 青年海外協力隊OVプロデュースによるモンゴルの塩

・映画上映(会場:3階大会議室)
10時~12時30分「モンゴル野球青春記」&トークショー(定員80名)
モンゴルで野球の指導に奮闘した青年を映画化したノンフィクション青春ドラマ

12時45分~15時「0円キッチン」&青年海外協力隊帰国隊員体験談発表(定員80名)
世界で生産される食料の1/3が廃棄される現実を受け、キッチン付廃油カーで廃棄食材料理を届けながらヨーロッパを巡る旅を追ったドキュメンタリー
※映画終了後に、青年海外協力隊に興味のある方向けの説明会と相談会も同時開催します!

・映画上映(会場:2階セミナールーム1・2)
10時~11時30分(第1回目) 14時30分~16時(第2回目)「太陽が落ちた日」(定員40名)
広島の原爆投下時、広島赤十字病院で被爆者の治療にあたった内科医の孫であるスイス人女性監督が描いたドキュメンタリー。
広島・長崎の原爆による内部被爆の話だけでなく、福島原発や日本の将来にも関わることを真剣に伝えている。

・南インド古典舞踊バラタナティヤム公演(会場:体育館)
11時30分~12時(第1回目) 13時30~14時(第2回目)

・ラテンアメリカンナイト~南米風舞踏夜会 16時~19時(会場:体育館)
サルサバンドPinto Con Pinturaによる演奏とダンスパーティ

<JICAFe>
・ランチビュッフェ 11時30分~14時 ディナービュッフェ 18時~21時
・喫茶営業 14時~17時

【9月30日(月)~10月4日(金)ウィークイベント】11時30分~16時30分
・パネル展示、物品販売、世界の民族衣装試着(会場:ロビー・ラウンジ)
・10月2日(水)ランチビュッフェ11時30分~14時・ディナービュッフェ18時~21時(JICAFe)

お問い合わせ:
JICA九州 市民参加協力課
担当:片岡
〒805-8505 北九州市八幡東区平野2-2-1
TEL:093-671-8341
FAX:093-671-0979
E-mail:kictpp@jica.go.jp