【イベント報告・宮崎 】宮崎から世界へ!GLOBALINK世界とつながっている私たち2014

2014年1月31日

説明を受ける子供たち

読み聞かせ「おはなしとおんがくの森」

大人気な宮崎大学モー君と一緒にスタッフ写真

2014年1月25日(土)イオンモール宮崎にて、宮崎県内で活躍する国際協力NPO/NGOの4団体(通称:宮崎国際協力ネットワークICNM)、宮崎大学IRISH、宮崎県JICA派遣専門家連絡会、宮崎県青年海外協力隊を支援する会、宮崎県海外協力協会、JICA九州との合同イベントが無事終了致しました。

イベント内容は、各団体の活動紹介パネル写真展示、JICA地球ひろば体験型模型の展示、世界の教育事情パネル展、地雷撤去作業体験、水がめを持ってみよう、世界のクイズ、世界の挨拶カードゲーム、民族衣装の試着体験、世界の国旗や布の缶バッジ作り、ステージイベントなどが行われました。

ステージイベント「おんがくとおはなしの森」では、アナウンサーの横山美和さんによる、絵本の読み聞かせが行われました。
ピアノや太鼓の音色に合わせ、横山美和さんの素晴らしい読み聞かせで会場を魅了しました。今回登場した絵本は、アフリカやアジアの物語、そして地雷を分かりやすく説明したお話でした。会場は多くの子ども達が来場し大変賑やかな雰囲気でした。

また、「木村つづくの世界各国旅話」も登場。
世界28ヵ国を旅して歩いた木村つづくさんが、現地で撮った写真をスクリーンに映しながら来場者の皆さまに分かりやすく説明。目を輝かせ聞いている子ども達の姿が印象的でした。世界を旅して歩いた木村さんだけあって、お話する内容もワクワクするような知らない話ばかりで子供も大人も楽しめるトークイベントでした。

今回は、日南市教育委員会が実施する「小村寿太郎国際塾」の塾生58名(小学生)の皆さんが、体験学習としてこのイベントを活用してくださいました。
各団体ブースをグループごとに回り、高校生ボランティアの皆さんが団体説明や小学生グループのお世話を行うという形で実践しました。
高校生の中には、「小学生と触れあうことがあまりないので、話したり仲良くなれてよかった」「教師が夢なので、このような機会をいただきプラスになりました」「小学生が興味深く参加できるイベントでよかった」など小さい子供達と一緒に学び楽しむことができるイベントであったのだと感じています。

来場者のなかには、学生さん、在住外国人のみなさん、ご家族連れなど、さまざまな年代層の方々がいらっしゃっていました。
「もっと多くの人に知って欲しい」「多くの団体が宮崎から世界で頑張っているのだと知った」「分からない事がたくさんあったけれど参加して理解することができた」「世界には多くの問題を抱えた人達がいるのだと知った」「私もいろんな活動に参加したいと思った」「多くの人にこのイベントや参加団体の活動を知って欲しいと思った」など多くのご意見を頂きました。

来場者数は1326名。本当に多くの方々にご来場いただきました。
国際協力という路線で活躍されている団体と共に例年イベントを実施することで、より多くの宮崎県民の皆様に周知できればと考えています。そして、グローバル人材育成のため、世界を視野に入れる機会を提供することにより、子ども達そして学生さんに国際社会に対するモチベーションを高めてもらう機会になればと思っています。
ご協力して頂いた皆さまありがとうございました。