<イベント報告・宮崎>宮崎発、世界を感じよう!「GLOBALINK世界とつながっている私たち2015」が開催されました。

2015年1月29日

ジャンベを体験する参加者と木村つづくさん

会場の様子

つづくさん&児玉真美さんにインタビューを受ける協力隊OB 

留学生によるお国紹介の様子

2015年1月25日(日)イオンモール宮崎にて、宮崎県内で活動する国際協力NPO/NGO4団体ICNM(国際協力ネットワーク宮崎)、宮崎県JICAファミリー(宮崎県JICA派遣専門家連絡会、宮崎県青年海外協力隊を支援する会、宮崎県海外協力協会)、宮崎大学IRISH、宮崎県ユニセフ協会との合同イベント「 GLOBALINK世界とつながっている私たち2015」が無事終了致しました。

当日は、各団体の活動紹介パネル&写真展示を中心に、地雷撤去作業体験、きれいな水の作り方、世界の挨拶カードゲーム、民族衣装の試着体験、世界とつながる缶バッジ作りなどのブースが会場を彩りました。JICAでは、青年海外協力隊50周年を記念した宮崎県出身派遣中JICAボランティア写真を中心に展示し、来場者や派遣中のご家族の皆様にも楽しんで頂ける展示を行いました。

ステージイベントでは高校生を中心としたダンスチームのダンス披露、宮崎大学留学生によるお国紹介(ケニア、インドネシア、アフガニスタン、マレーシア、中国、モーリタニア)、JICAなんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーである木村つづくさん&児玉真美さんによる団体インタビュー、同じく、なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーの橋本淳二さんことはっしーさんによるアフリカン太鼓ジャンベの演奏と体験が行われ、来場者も参加者も多くの笑顔溢れる空間となりました。

来場者からは「皆さんの活動が良く分かってとても良かった」「知らないことばかりだった」「実際に開発途上国で活動されていらっしゃった方々の笑顔が良い!」「元気をもらいました」「ジャンベが元々は伝達や伝言の手段で使用されていたことを初めて知った」「知らない国の留学生と出会えて興味が広がった」「高校生、学生ボランティアさんと仲良くなれた」など、多くの感想を頂きました。来場者数は約2000名。本当に多くの方々にご来場頂きました。

今後も、宮崎県JICAファミリー、国際協力ネットワーク宮崎、宮崎大学、高校生、大学生、留学生、宮崎県民の方々と協力しながら、宮崎県で国際協力の風を吹かせていきたいと思っております。ご協力下さった皆さま、ありがとうございました。