<イベント報告・熊本>「第24回 熊本国際交流祭典」に参加しました!

2017年12月4日

ステージにはくまモンも!

ブースには活動紹介パネル展示とパンフレットなどを配布

アフリカ布でくるみボタンを作るコーナーも設置

11月25日(土)に第24回熊本国際交流祭典が健軍商店街「ピアクレス」で開催され、今年も国際交流・国際協力を行っている民間団体など約20団体が参加しました。

ステージや世界のグルメ、パネル展やバザー、着物や民族衣装の試着体験などたくさんのコーナーがありましたが、青年海外協力隊帰国隊員もブースを出展し、ステージに参加しました!

青年海外協力隊帰国隊員のブースには当日遊びに来ていただいた元JICA海外ボランティアの方も含め、80人ほどの方々が立ち寄ってくださり、帰国隊員の活動紹介パネルを見て派遣国について質問されたり、「若い人が海外で頑張っているんだねー」と激励をいただくなどたくさんのお話ができました。

午後のステージでは青年海外協力隊の帰国隊員によって結成されたバンド「ティノファンバ」の演奏に合わせ、ボリビアからの帰国隊員の音頭の下で祭りのダンスをボランティアの高校生と皆で踊りました。

今年は11月からぐっと冷え、この日もとても寒かったのですが、ダンスや世界各国のグルメで健軍商店街はとってもホットな雰囲気でした!

お立ち寄りいただきました皆さん、ありがとうございました。また来年会いましょう!