<イベント報告・宮崎>映画「わたしはマララ」シネマ上映会&団体紹介・交流会を開催しました。

2017年12月28日

映画上映会の会場の様子

SDGsツリーの展示

12月23日(土)、宮崎公立大学103教室にてノーベル平和賞を受賞した17歳の少女の勇気と感動の実話を描いたドキュメンタリー映画『わたしはマララ』の上映会と各団体の紹介・交流会を行いました。

なぜ彼女は17歳でノーベル平和賞を受賞したのか?
タリバンに撃たれても、本気で世界を変えようとしている少女と家族の絆の物語。

このイベントは、宮崎県内の国際協力を行うNPO/NGO4団体とJICAデスク宮崎が中心となり開催したもので、映画を通して開発途上国における女性を取り巻く環境や教育の現状について知り、私たちに出来ることについて一緒に考える機会にしたいと企画しました。

当日は、年末の繁忙期にもかかわらず70名の方にご参加いただきました。

参加者のアンケートに寄せられた感想を紹介します。
「映画を観て、女性の権利について改めて深く考えさせられました。命の危険をさらされながらも声を上げ続けるマララさんの姿に感動した。この映画に出会えたことを感謝します。」
「世界にはマララの様な子は沢山いると思うが、立ち上がる力があれば世界は変えられると感じた。より多くの人達にこのような現状を知ってもらえる機会があれば良いと思う。」
「宮崎県内でも活動されているボランティア団体があることを初めて知った。私にもできることをこれから先考えていきたいと思う。」

ご来場の皆さま、イベント運営にご協力下さった皆さま、本当にありがとうございました。