<イベント報告・宮崎>「ワールド・フェスタinみやこのじょう2018」が開催されました。

2018年1月24日

パネル展示を見学する来場者

JICAブースの様子

缶バッジ作成の様子

1月21日(日)、都城市総合文化ホールにて「ワルード・フェスタみやこのじょう2018」が開催されました。
宮崎県内のCIR(国際交流員)やALT(外国語指導助手)、県内に居住する外国人の方が、それぞれの国の紹介をしたり、様々な国のブースを設けて、パネル展示、子どもの遊び、食文化などが紹介されました。
また、ステージパフォーマンスでは、自国のダンス、歌や楽器の演奏、日頃励んでいる日本文化などを披露していました。
国際協力をテーマにしたJICAブースでは、宮崎県出身のJICAボランティアを中心とした活動や任国紹介パネルの展示、世界の国旗やアフリカ布模様の「缶バッジ」作りを行い、多くの来場客でにぎわいました。

ご来場者アンケートの紹介
・JICAの活動に興味があります。いつか青年海外協力隊に自分もなれるように頑張っていきたいと思います。
・宮崎県内の人が世界各国でボランティアしていることを初めて知った。すごいと思います。
・私の知り合いがJICAでボランティアに行っています。応援していきたいと思います。

当日は約800名の方にお越し頂きました。
ご来場者の皆さま、ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。