<イベント報告・佐賀>よかやん Pole Pole Café(チョコ・バナナ)を開催しました!

2018年2月27日

チョコレート作り

フィリピンのオチョオチョ・ダンス

チョコレート完成!

 2018年2月24日(土)、世界のおいしいコーヒーやチョコレートを味わいながら、「フェアトレード(公正な貿易)」のことを知る「よかやん Pole Pole Café」を、佐賀県国際交流プラザ調理室にて開催しました。

 第2回の今回は参加者のみなさまと一緒に、「カカオ豆から作るチョコレート作り」と「バランゴンバナナを使った焼きバナナ作り」を体験しました。まず、焙煎されたカカオ豆をすり潰し、刻んだカカオマス、ココアバターとともにボウルに入れて湯煎し、フェアトレードの砂糖を加え、よく混ぜました。チョコレートの温度が下がってきたら、ボウルを冷水に入れてもう一度混ぜ、十分に温度が下がってから型に流し込み冷蔵庫に入れました。チョコレートが出来上がるまでの間、次はバナナのお話。フィリピンに派遣されていた青年海外協力隊経験者の方から現地のバナナ事情を聞き、農薬や化学肥料などに頼らず、また、生産者の自立を応援するバランゴンバナナで焼きバナナを作りました。焼きバナナは皮を剥かずにそのままオーブンで10分ほど焼き、皮を剥いてそのまま食べたり、出来上がったチョコレートと一緒に食べたりして、楽しみました。

 私たちが日常的に食べているものが、どうやって作られているのか、どうやって私たちの手元に届いているのか、実はあまり知られていないのではないでしょうか。おいしい体験を通して、そういったことを知り、生産国や生産者のことを想像したり、理解したりすることにつながるといいなと思います。

 今回も、身近にあるもののひとつであるチョコレートとバナナを取り上げ、「お菓子作り」を通して、楽しみながら「フェアトレード」についても考えました。次回は、映画を通して世界を感じるイベントを開催しますので、どうぞよろしくお願いします。

 ご協力、ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。


【よかやんPole Pole Café】
(毎月第4土曜日open15時~close17時)
「よかやん」は九州の方言で、「いいじゃん」という意味。
「Pole Pole(ポレポレ)」はスワヒリ語で、「ゆっくり」という意味。
忙しい現代社会の中で、敢えて「ゆっくりで、よかやん」と楽しむことで、世界が広がるといいな、という願いを込めて。

【チョコ・バナナ】
チョコレートは、カカオ豆を主原料とした食品。
日本に輸入される果物の半分以上を占めるバナナ。
私たちの身の回りに当たり前のようにあるチョコとバナナ。そんなチョコとバナナにまつわるあなたの知らない話。

【次回のイベント案内】
・3月24日(土)映画「Canta! Timor」上映