<イベント報告・佐賀>「SAGAN COFFEE FESTA 2018」に出展しました!

2018年3月13日

今年もいい天気でした。

コーヒー豆を砕いています。

最後にコーヒーを味わいます。

 2018年3月11日(日)、佐賀県立博物館屋外スペースにて、SAGAN COFFEE FESTA 2018が開催され、JICA九州はブース出展をしました。
様々なコーヒー店、コーヒーに関わるお店などが出店する中、JICAブースでは青年海外協力隊としてエチオピアに派遣されていた方によるコーヒーセレモニーを、午前11時からと午後2時からの計2回実施しました。

 コーヒーセレモニーは、生豆を水で洗い、鉄板の上で豆を煎り、木臼と金属の棒で細かく砕き、専用のポットに入れ、お湯で煮出すという約1時間半かかる行程だったのですが、参加者のみなさまにも豆を細かく砕くところをご協力いただき、完成したコーヒーを味わいました。
最初の1杯目は「健康」のために、2杯目は「愛」のために、3杯目は「祝福」のためにと砂糖やバターを入れて、コーヒーの意味と味の変化を楽しみました。

 同会場では他にも様々なイベント、お店がある中、JICAブースでコーヒーの話をしたり、JICAボランティアの話をしたり、世間話をしたり、「こんなに時間をかけて、ゆっくりとコーヒーを飲むことができてよかった」とゆっくりとした時間を過ごしていただきました。

 コーヒーを通して、海外のこと、日本のこと、国際協力などに興味を持ったり、自分の生活を見直したりする機会になったのなら嬉しいです。今後もこのような機会を増やして、もっと国際協力が身近に感じられるような環境づくりをしていきます。

 ご協力、ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

【コーヒーセレモニー】
コーヒー発祥の地と言われる東アフリカ・エチオピアの伝統的な習慣であり、コーヒーを飲むことを儀式化した作法のひとつ。