<イベント報告・宮崎>JICAボランティア帰国報告会&相談会を開催しました。

2018年11月29日

青年海外協力隊帰国隊員発表の様子

シニアボランティア帰国報告の様子

質問に回答する発表者

11月24日(土)、若草通りの宮崎大学まちなかキャンパスにて「JICAボランティア帰国報告会&相談会」を開催しました。
帰国隊員2名による2年間の活動報告・現地の様子・生活についてお話していただきました。
青年海外協力隊でエチオピアに体育隊員として派遣された新地弘太郎隊員は、現地の人々のニーズに合わせた活動を展開することに重点を置き、工夫を凝らした水泳に関するマテリアルの製作や未来の可能性まで見据えた活動の展開の様子を報告されました。
また、シニア海外ボランティアでパラオに数学教師として派遣された森迫辰夫さんは、現地の人々との友好関係を大切にしながら過ごした2年間の生活についてお話されました。
31名の方にご参加頂き、二人の活動報告に熱心に耳を傾けられていたのが印象的でした。
報告発表後も発表者への質問が止まないほど会場は盛り上がりました。

JICAデスクでは、今後も皆さんのニーズに合わせた国際協力イベントを実施していきたいと考えています。国際協力に興味のある方、海外での活動に挑戦してみたい方、JICA 海外協力隊に参加してみたい方はいつでもお気軽にご相談ください。
また、ご意見・ご感想があればいつでもお問い合わせください。