<イベント報告・宮崎>宮崎で国際フェスタが開催されました!

2018年12月10日

JICAブースの様子

国際フェスタ会場の様子

SDGs紹介バオバブツリーの展示

缶バッジ作りの国旗を選ぶ来場者

12月1日(土)、カリーノ宮崎・9階催事場にて宮崎県国際交流協会主催の一大イベント「世界とトモダチみやざき国際フェスタ」を開催しました。
当日は在住外国人による日本語スピーチコンテストやステージパフォーマンス、世界の国ブースの展開、日本伝統文化体験ブース、「外国人が見た宮崎」アート作品展を行いました。
県内から多くの方にお越しいただき、来場者数は2,067名となりました。

JICA国際協力ブースでは、「SDGs」を知っていただくための「SDGs紹介バオバブツリー」の展示、JICAデスク宮崎の紹介をはじめOB会、派遣専門家連絡会、青年海外協力隊を支援する会のパネル紹介、宮崎県のJICAボランティア活動写真展、SDGsロゴマークと世界の国旗の缶バッジ作りを行いました。
特に缶バッジ作りは小さなお子さんに人気で、自分の好きな国の国旗を探したり、世界地図にて選んだ国旗の場所を懸命に探す姿がみられました。
JICAブースに来られた方から、JICAボランティア活動写真を見て「感動しました。」「自分もいつか協力隊になって活動してみたい。」「SDGsって初めて聞きました。知れて良かった。」という声を聞くことができました。
少しでも海外に興味のある方、何か国際協力活動を始めてみたいという方は、宮崎県国際交流協会・JICAデスクまでお越しください。是非、一緒にお話しましょう。

ご来場いただきました皆様、ご協力いただいた関係者の皆様 ありがとうございました!