ボランティア活動報告

平成19年度2次隊 池信 かおり 隊員

  • 氏名:池信 かおり
  • 隊次・派遣期間:平成19年度2次隊/2007年9月〜2009年9月
  • 職種:看護師
  • 配属先:ルアンパバーン県保健学校

Q1.普段どのような活動を行っていましたか?

【写真】

県保健学校の生徒たち

配属先のルアンパバーン保健学校で基礎看護技術の授業に入ったり、学生の実習指導に県病院や地域に行ったりしていました。

その他には実習室や図書室などの物品管理なども行っていました。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていましたか?

【写真】

配属先のルアンパバーン県保健学校

私が問題だと感じていることとラオス人が問題だと感じていることの違いを理解することや、違いを理解できてもそれを活動として実施していくプロセスの考え方が異なることです。

何度もカウンターパートと一緒にごはんを食べながら話し合いました。

相互理解はとても難しいと感じています。しかし、それが楽しいことのひとつでもありました。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

【写真】

ルアンパバーンの僧侶たち

基礎看護技術の授業を一緒に行っていた先生から
「看護の技術もだけれど、看護の考え方をあなたから学んだ。」と言われたこと。

看護の概念が異なるラオスにおいて、看護の心が通じたと嬉しく思えた瞬間でした。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

沢山のことをラオス人から同期から、そして活動から学んだ2年間でした。

そのひとつとして、相手のことを知ることの大切さを学びました。

ラオスの文化、生活、考え方などを知らないと、その場に適した提案ができません。

「どうしてなのかな?」と疑問を持ちながら生活をしていると沢山の発見がありました。

日本に帰ってからもこの視点を忘れずにいたいなぁと思っています。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします!

日本で経験できることで無駄になることはないと思います。

今の環境でできることを精一杯がんばってください。