ボランティア活動報告

平成20年度1次隊 倉井 利苗 隊員(看護師)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

県病院内の病棟のラウンドを行い、看護技術・看護記録の確認、指導を行っていました。

勉強会や研修会の後には、その内容が正確に行われているかのフォローを看護管理部のスタッフとともに行いました。配属先の異なる看護隊員と協力した活動も行いました。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

日本で当たり前なことが、ラオスでは当たり前ではない。基本的なことだと思っていたことをラオスの看護師さんは知らない、そういったことが多くありました。自分が伝えたい事を説明するときに言葉の問題だけではなく、ベースにある知識や看護のとらえ方も異なっているために、理解してもらうのに苦労しました。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

自分の考えていた看護師の仕事とは全然違っている現実を目の当たりにして、ラオスの看護と日本の看護の違いを実感し、悲しい気分にすらなっていた時期がありました。そんな時に関わった看護学生が「看護の仕事が好き」と言ってくれたとき、中には好きだと感じて仕事をしている人もいるのだと嬉しく思いました。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

何かを“ちゃんと”行うことの大切さ。学ぶことの大切さ。人の大切さ。分かり合おうとする気持の大切さ。伝えることの大切さ。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします。

協力隊での2年間は、今まで経験したことのない貴重な経験ができると思います。自分ではない誰かのことを思い行動する。今感じているその気持ちを持ち続けることが大切だと思います。

【画像】

基礎看護技術勉強会:看護過程のグループワーク

【画像】

外科病棟からの眺め:メコン川

【画像】

ラオス新年のバーシー(儀式) 県病院にて