ボランティア活動報告

平成20年度2次隊 松田 尚美 隊員(看護師)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

ウドムサイ県フン郡にある郡病院にて、主に院内の看護スタッフを対象に看護技術の指導をしています。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

ラオスと日本の文化・価値観の違いです。もともと受けてきている教育の水準が低いため、指導の内容も理解してもらうのに時間がかかり、その点においても活動の難しさを感じます。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

赴任当初、あまりの看護師としての価値観の違いにどうアプローチしていっていいのかわからず、カウンターパートをつかまえてじっくりと話し合ったことです。

言葉もまだろくにできない時期だったのにカウンターパートもよくじっくりつきあってくれたものだと思います。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

私一人がジタバタしてもしかたないということ。じっくり、辛抱強く待つことを学びました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします。

迷ったときは、とりあえずやってみるといいと思います。

結果はついてくるものです。