ボランティア活動報告

平成21年度1次隊 新野 真理子 隊員(看護師)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

派遣先のチャンパサック郡病院で、スタッフと一緒に患者を対象にして患者ケア、健康教育、院内環境向上活動、院内勉強会を行いました。また、地域住民に対して、健康教育・健診活動を行いました。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

最初はお互い分かり合うまでに時間が必要なこと。提案した活動が理解され定着するまでに、時間がかかること。ラオス人スタッフが主体性を持つように支えることなどです。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

最初はJOCVに対して話しを集中して聞かなかったカウンターパートが、JOCVの関わりの中で、協力的になり一緒に活動を行うことができたこと。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

考えるより実行することです。問題を解決しようとした時に、1人で考えるのではなく、カウンターパートと相談したり、他のJOCVの力をかりてやってみること。とにかく動いてみると、周囲の人も何かしら気づいてくれます。遠慮はせずに、自分の考えをつたえることを学びました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします。

興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください!

【写真】

トレーニング

【写真】

トレーニング集合写真

【写真】

世界遺産ワットプー

【写真】

住民への健康教育

【写真】

水牛