ボランティア活動報告

平成21年度2次隊 若尾 慶子 隊員(環境教育)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

環境や海外の情報に関する壁新聞を作成したり、他郡の環境教育隊員と共に環境関連のイベントを行ったりしています。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

環境への認識の違いや、多忙なカウンターパートをつかまえる(笑)ことに難しさを感じています。言葉の壁の厚さと高さも予想以上でした。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

首都遷都450周年を兼ねたラオス最大の祭典、タートルアン祭りで地元のボランティア団体と協働でブース出展とクリーンアップイベントを行ったことです。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

自分/日本の常識は世界共通の常識ではないことを再認識しました。また、その地域の人々の文化や生活を尊重することの大切さを学びました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします!

百聞は一見に如かず。楽しいことも悩ましいこともありますが、参加して後悔することはないはずです!

【写真】

国立大学でのワークショップ(信州大学の講師と協働)

【写真】

配属先サイセタ郡にあるラオスのシンボル的仏塔タートルアン

【写真】

配属先サイセタ郡役場での新年会

【写真】

サイセタ中高等学校でC/Pも参加してのワークショップ

【写真】

ラオ衣装で記念撮影