ボランティア活動報告

平成21年度2次隊 松本 京子 隊員(村落開発普及員)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

地方の県農林局に入っている世界銀行のプロジェクトで活動しています。対象村の農家に新規農法を紹介し、水利組合の組織強化や村落開発に必要とされる基礎情報の収集を行っています。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

普段、活動の計画・立案・報告を行っている事務所と、活動先である対象村とが離れていることです。自動二輪での長距離移動は体力を要し、心理的にも対象村へ近づくことができず、もどかしい思いを抱えています。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

対象村に宿泊した際、村の方が夕飯を用意してくれました。私が魚を好んで食べることを覚えていて、普段は夕飯には食べない魚を出してくれました。私は申し訳なさもありましたが、その心遣いがとても嬉しかったです。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

プロジェクト内で働くことの難点と利点を学びました。様々な人間関係と制約のある中、効率的に動き、結果を表すことが重要でした。ラオス社会におけるプロジェクトのあり方を自分なりに模索する機会となりました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします!

ボランティアは、自分が望んですることです。予想外のことも起きますが、周りの状況には流されない信念や目標を持っていることが自分を支えることになります。この経験をどう位置付けて活用するかは自分次第です。

【画像】

住民参加による用水路の工事

【画像】

同僚との休日の一コマ

【画像】

有機肥料の研修