ボランティア活動報告

平成21年度2次隊 野田 忠史 隊員(環境教育)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

郡役場の水資源環境課で、住民からの環境に関するクレーム対応や工場の立ち入り検査を行っています。またラオス国立大学の学生やラオス人日本元留学生会の方々と連携して環境ワークショップや清掃イベントなどを開催しました。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

ラオスの人達はワークショップなどを通して、「将来起こりうる環境問題を未然に防ぐために今、自分達の行動を変える必要がある」と頭では理解してくれます。しかし、実際慣れ親しんだライフスタイルを変えることは思っている以上に難しいようです。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

職場でごみの分別を始めた当初、スタッフは面倒臭がってなかなか協力してくれませんでした。しかし、ある日を境に1人のスタッフが資源ごみをちゃんと分別して保管してくれるようになりました。自分の活動が報われた気がしてとても嬉しかった瞬間でした。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

人に何かを教えようと思ったら、まず自分が学ばなければならないということ。当たり前のことですが、ラオス人から「人間関係の在り方」や「快適に生きる知恵」など様々なことを学ばせてもらいました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします!かかっています

海外で働くということは、必ずしも楽しいことばかりではないかもしれません。しかし、一歩踏み出したそこから見える景色は、そんなことすら忘れさせてしまうほどに刺激に満ちた毎日です。

【画像】

市内清掃の様子

【画像】

タートルアン清掃イベントの様子

【画像】

環境ワークショップの様子