ボランティア活動報告

平成21年度3次隊 田澤 克之 隊員(村落開発普及員)

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

サラワン県教育局小学校課に席を置き、3つの小学校を対象校とし、学校巡回活動を行っています。そこで、先生たちと学校・学級経営や教授法について話し合ったり、子どもたちに折り紙や日本の遊びを紹介したりしています。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

学校に行くときやNGOと一緒に活動するときなど、何をするにも書類を書く必要があります。ギリギリに決まった活動をするときは、カウンターパートのチェックから、教育局長のサインをもらうまで、時間との戦いです。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

先生方のしなくてもよいという反対を押し切って行った図書室掃除。私が、一人で掃除しているのを見て、何人かの子どもたちが手伝ってくれ、最後には「奇麗になったね」という気持ちを共有できました。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

人とのつながりの大切さ。NGOなどに友人を持ったことから、今まで知らなかった情報を得たり、プロジェクトに参加させていただいたりし、教育局とは違った視点から教育について考えることができるようになりました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします。

やらない後悔より、やって後悔です。派遣中のこと、派遣後のこと、いろいろ不安はありますが、現地人の中にとけ込んで活動を行うことができるというのは、本当に貴重な体験です。

【画像】

NGOキャンプに参加

【画像】

村の地図作り

【画像】

身体測定