ボランティア活動報告

平成25年度1次隊 鈴木 祥子 隊員(柔道)

  • 氏名:鈴木 祥子
  • 隊次・派遣期間:平成25年度1次隊・2013年7月3日〜2015年7月2日
  • 職種:柔道
  • 配属先:サバナケット県教育スポーツ局

Q1.普段どのような活動を行っているのですか?

現在は月〜土曜、市内の柔道クラブで9歳から23歳までの学生及び社会人に柔道の指導をしています。所属人数は20名前後です。

Q2.どのようなところに活動の難しさを感じていますか?

柔道という日本特有のスポーツには辞書に載っていない言いまわしが多く、伝えたくても伝わらないもどかしさに苦労しました。

Q3.最も印象に残っていることはどんなことですか?

活動中期に大きな国内大会がありました。畳の上で必死に戦っている選手たちの姿を見て、成長を目で見ることが出来ました。選手たちと関わって一年、これまでの自分の指導は無駄ではなかったな。と心から思いました。

Q4.活動を通して学んだことは何ですか?

寛容な心の中にも執念は忘れないこと。生活環境や価値観の違いから生まれる多少の感覚のズレは、時には大きな心で受け入れる。でも、自分が譲れない部分は大切にして時間をかけて伝えていこうと思いました。

Q5.ボランティアを志す方々に一言お願いします!

海外で過ごす一日一日が自分の将来の大きな財産になると思います。ぜひ挑戦してみてください!

【写真】

活動風景1

【写真】

活動風景2

【写真】

第6回国内大会

【写真】

27th SEAGAMESラオス代表選手と