「アフリカ一村一品国際セミナー」をマラウイで開催

JICAは、マラウイのリロングエにて、2008年1月22日(火)から24日(木)の予定で「アフリカ一村一品国際セミナー」を開催します。

本セミナーは、日本政府がアフリカのコミュニティ開発強化のために、TICAD IVに向けたアフリカ支援策の一つの柱として打ち出している一村一品運動について、今後の協力候補国の担当省庁幹部等に対して、その基本理念と仕組み及び日本やマラウイでの実施例を紹介し、参加国における一村一品運動の案件形成及び円滑な事業開始に資することを目的としています。

参加者は、アフリカ諸国の関係省庁幹部を中心に、JICA永塚理事を初めとするJICA関係者及び国連機関、マラウイ政府等協力パートナーから計約100名を予定しています。また、一村一品運動の提唱者である平松元大分県知事(現NPO法人大分一村一品国際交流推進協会理事長)による基調講演が行われます。

セミナー概要

日時:平成20年1月22日(火)〜1月24日(木)
開催地:マラウイ
主催:JICA、マラウイ政府、在マラウイ日本大使館

セミナー参加予定者

アフリカ諸国関係省庁・機関幹部(セネガル、エチオピア、南アフリカ、ザンビア、ウガンダ、ケニア、モザンビーク、タンザニア、マダガスカル、ナイジェリア、ガーナ、ブルキナファソ、チュニジア、アフガニスタン、AU)、マラウイ政府関係者、JICA関係者、在マラウイ日本大使館関係者、大分一村一品国際交流推進協会関係者、国連機関関係者等