第5回アフリカ開発会議 マラウイ国バンダ大統領と田中理事長が会談−初めての女性大統領JICA−

【画像】

【画像】

【画像】

国際協力機構(JICA)の田中理事長は2013年5月31日にマラウイ初の女性大統領であるバンダ大統領との会談にて、「リロングウェ中等教員養成校建設計画」の実施のための1,118百万円の贈与契約に調印しました。

本事業はマラウイ首都リロングウェ近郊に中等教員養成校を建設し、マラウイにおける深刻な中等教員不足の解消、指導能力強化を目的とするものです。JICAはこれまでマラウイにおいて教育セクターに重点を置いた支援を展開しており、教育のアクセスと質の一層の向上を目指します。

大統領就任後初めて来日したバンダ大統領は、JICAボランティアの累積派遣が1600人を超え世界一であることや、JICAが協力してきた一村一品運動が今年で10周年を迎えることに触れ、草の根の人材育成及び産業振興へのこれまでの支援がマラウイの貧困削減と経済成長に大きな役割を果たしていると述べられました。

またバンダ大統領は、今後内陸国マラウイの成長の課題として、交通・物流の動脈である経済回廊のインフラ整備を挙げ、JICAの支援への期待を示されました。

これに対し田中理事長は、JICAが実施しているナカラ回廊整備等の支援がマラウイの成長の加速化の足がかりになるとし、JICAは今後南部アフリカ地域を包括的に捉えた戦略的なインフラ整備支援を展開していく方針を明らかにしました。