ボランティアレポート「横浜市水道局のブランタイヤ水公社での取組み」

2018年11月15日

名前:近藤 浩史
隊次:2018年度短期派遣
職種:上水道
配属先:ブランタイヤ水公社
出身地:群馬県伊勢崎市

横浜市水道局(以下、横浜市)では、2017年にJICAと締結した覚書に基づき、JICAボランティア短期派遣制度を活用して、マラウイ国ブランタイヤ水公社(以下、BWB)に職員を派遣し、BWBが抱える課題解決に向けた業務指導を行っています。今年度は全3回の派遣のうちの第2回目(活動期間:10月1日~11月9日)に当たり、主に2つの活動に取組んでいます。

1つ目は土木工事と料金に関するマニュアルの作成です。BWBの水道事業は、浄水場で作った水道水を水道管で市民に届け、その対価として水道料金を得ることで運営しています。しかし、BWBでは、水道管を埋める位置や深さが不適切であることが多く、また工事手法も自己流で乱暴なため、市民に届く前に水道管から水漏れする事例が後を絶ちません。また、市民から水道料金を徴収するには、水道メーターの針を正確に読むことが不可欠ですが、検針員の中には意識が低い者もおり、BWBでは教育コンテンツの充実を図りたいと考えています。そこで、横浜市は両分野のマニュアル作成を支援しています。

派遣期間前からマニュアルの素案を作り、派遣期間中に現場視察やワークショップ開催などを行って課題を抽出しました。「機器は動けば正常」という組織文化のため日常点検は行わない、工事の時に安全具を付けない(裸足の作業員までいる)、水道料金を期限までに支払わない顧客に対しては猶予期間なく停水するなど、横浜市からすると「違和感」だらけでしたが、BWBにとってはこれが「日常」。根気よく対話を重ねることで価値観をすり合わせ、少しずつマニュアルに落とし込みました。その結果、両分野ともマニュアルを完成させることができました。今後BWBでは、これらマニュアルをもとに業務を行い、課題を発見した場合は改善し、その内容をマニュアルに反映していく予定です。我々としては一連のプロセスを継続的に実施することで業務改善をどんどん進めていって欲しいと考えています。

2つ目は出前水道教室の充実です。これまでも、BWBではブランタイヤ市内の小学校に出向き、浄水処理実験を通じてBWBの水道事業を紹介し、子供たち、さらにはその周囲の大人たちに水道料金を支払う重要性を啓発してきました。今回はBWBの水源林を守ることの重要性を紹介するコンテンツとして、横浜市が実施している森林保全実験の導入支援を行いました。この実験は、草木を植えた箱と土だけを入れた箱のそれぞれに水を加えると、草木を植えた箱からの方が流れ出てくる水の量が少なく、またその水の濁りも小さくなるという「森林の涵養機能」を説明する内容です。派遣期間前から実験装置の作成や準備を進め、派遣期間中の10月26日には、実際に小学生を対象に実験を行いました。結果は大成功。森林保全に関するクイズ(景品付き)も大盛況でした。ただし、本事業の課題として、運営できる職員が1名しかおらず、また開催頻度が年4回程度に過ぎないため、活動範囲が限られていることが挙げられます。そこで、この活動をマラウイ全土に広めるべく、職員と協力して実験マニュアルを作成しました。

6週間という限られた期間で成果を出そうと悪戦苦闘した日々も間もなく終了します。最終日の活動報告会では、BWBの幹部層に対して、土木、料金だけでなく電機、水質の分野からも改善提案を行う予定です。これら提案を受け入れてもらってこそ、我々も活動した甲斐があるというものです。晴れやかな気持ちで日本に帰れるように十分な準備をしたいと思います。

活動外編「日本文化紹介イベント開催!」

今年の横浜市水道局の派遣チームの面白いところは、4名の派遣者の専門分野が土木、料金、電機、水質と異なり、さらに4名のうちの3名は水道局配属2年目だという点にあったように思います。このように多様なメンバーが集まったからこそ、横浜市のBWB派遣における初の試みとして日本文化紹介イベントを開催することができました。

相撲大会、二人羽織、折り紙やけん玉の指導などを行い、マラウイの伝統料理シマに餡子や味噌をつけて食べてもらいました。日本から持参した駄菓子も提供したところ、会場からイカ風味の駄菓子がシマに合うとの衝撃的な意見が挙がり、思いがけない「日本とマラウイのコラボ」に大いに盛り上がりました。緑茶についても好評でした。ただ、彼らとしては砂糖を入れたくて仕方ない様子でしたが。

BWBとのアイスブレーキングを目的に開催したイベントでしたが、彼らが日本文化を受け入れ、楽しんでくれたという事実は我々にとって嬉しいものでした。

【画像】

現場視察の様子

【画像】

森林保全実験の様子

【画像】

出前水道教室の様子

【画像】

日本文化紹介イベント(相撲大会の様子)