現地における報道

JICA in the News

命の川
New Straits Times, March 31, 2012)

【画像】サバ州プナンパン郡マフーアにおいて、「川の環境教育プログラム(REEP/River Environmental Education Programme)」が開催された。企画運営には、サバ州公園局クロッカー山脈公園事務所に配属されている村落開発普及員のJICAボランティア達が携わった。参加者は、クロッカー山脈の水源地としての役割、川と人の生活等について学び、未来にむけて、きれいな水を守っていくためのアクションプランを作成した。

廃棄物削減に成功したシブ市役所
TheBorneo Post, Feb.22, 2011)

【画像】イメージJICAと北九州市が連携して行っている「シブ市市民参加型廃棄物管理推進事業」を通じて、シブ市役所は、「高倉式家庭ごみコンポスト」を普及させ、廃棄物の大幅な削減に成功した。環境教育を通じて市民の廃棄物管理や環境保全に関する意識の向上を高め、シブ市がグリーン・テクノロジーのモデルになる事が期待されている。

関連リンク

パームオイル産業の環境保全における役割
NewStraits Times, July 27, 2010)

【画像】イメージJICAの技術協力プロジェクトである、「ボルネオ生物多様性・生態系保全プログラム(BBEC)」が推進されるなか、キナバタンガン・セガマ河下流域の78,803haが、サバ州初のラムサール条約指定湿地として登録された。住民によるエコツーリズムの実施などが期待される一方で、この地域に多いパームオイルのプランテーション業者による環境保護も新たな課題となっている。

関連リンク

立ち後れる障害者雇用
NewStraits Times, March 5, 2010)

【画像】イメージ障害者の雇用を推進する政策およびサービスの向上に共同で取り組んでいるマレーシア女性・家族・社会開発省とJICAは、障害者に対する支援付き雇用やジョブコーチを紹介するセミナーを開催した。同省は、2020年までに全ての省庁に最低1名のジョブコーチを配置したい意向を示した。