安全対策研修・訓練

JICAは国際協力事業関係者を対象とした安全対策研修・訓練(講義、実技)を開催しています。今後さらに安全対策に関する研修・訓練の機会を拡大し、内容の充実に努めてまいります。

1.安全対策研修・訓練の対象者

JICAの安全対策研修・訓練は、JICA事業だけでなく、広く国際協力事業に従事する(予定を含む)の個人・法人の皆さまを対象としています。個別の研修・訓練ごとに参加要件は異なりますので、「2.研修・訓練の内容とお申込み方法」および以下リンクよりご照会ください。

2019年度安全対策研修日程表

2019年度の実施日程は以下のとおりです。

JICA市ヶ谷ビル

月日 渡航者向け テロ対策実技 管理者向け 応募締切日
2019 4月18日(木) 10:00~12:30 14:00~16:30 14:00~16:00 4月4日(木)
5月24日(金) 10:00~12:30 14:00~16:30 - 5月10日(金)
6月17日(月) 10:00~12:30 14:00~16:30 14:00~16:00 6月3日(月)
7月25日(木) 10:00~12:30 14:00~16:30 - 7月11日(木)
8月29日(木) 10:00~12:30 14:00~16:30 14:00~16:00 8月15日(木)
9月24日(火) 10:00~12:30 14:00~16:30 - 9月10日(火)
10月24日(木) 10:00~12:30 14:00~16:30 14:00~16:00 10月10日(木)
11月28日(木) 10:00~12:30 14:00~16:30 - 11月14日(木)
12月18日(水) 10:00~12:30 14:00~16:30 14:00~16:00 12月4日(水)
2020 1月23日(木) 10:00~12:30 14:00~16:30 - 1月9日(木)
2月14日(金) 10:00~12:30 14:00~16:30 14:00~16:00 1月31日(金)
3月18日(水) 10:00~12:30 14:00~16:30 - 3月4日(水)

地方研修

以下の3都市において、管理者向け及びテロ対策実技訓練のみ開催します。

(1)福岡

月日 管理者向け テロ対策実技 応募締切日 開催場所
2019 11月20日(水) 14:00~16:00 - 11月6日(水) TKPガーデンシティ博多アネックス/ウラナス
2020 2月4日(火) - 14:00~16:30 1月21日(火) TKPガーデンシティ博多アネックス/ジュピター

(2)大阪

月日 管理者向け テロ対策実技 応募締切日 開催場所
2019 7月31日(水) 14:00~16:00 - 7月17日(水) TKPガーデンシティ大阪梅田/カンファレンスルーム8C
2020 3月3日(火) - 14:00~16:30 2月18日(火) TKPガーデンシティ大阪梅田/バンケット2A

(3)名古屋

月日 管理者向け テロ対策実技 応募締切日 開催場所
2019 9月3日(火) 14:00~16:00 - 8月20日(火) TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口/バンケットルーム4B
10月31日(木) - 14:00~16:30 10月17日(木) ガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー/N+O

2.研修・訓練の内容とお申込み方法

(1)安全対策研修(Web版)

【画像】遠隔地の居住者等、対面での講義受講が困難な方向けに、安全対策研修(渡航者向け)の内容を国際協力キャリア総合情報サイト「PARTNER」に掲載しています。具体的なアクセス方法は、以下のリンクをご参照ください。

(2)安全対策研修(渡航者向け)

国際協力事業に従事する幅広い方々(専門家、コンサルタント、NGOや資金協力事業関係者、随伴家族等)を対象に、一般犯罪対策及びテロ対策を中心とした講義を実施します。具体的な内容として、「一般犯罪対策」「交通安全」「テロ対策」「JICA安全対策概要」をテーマに講義を行います。

(3)テロ対策実技訓練

脅威度の高い国・地域への出張・赴任を予定している事業関係者を主な対象として、テロ対策を中心に、一般犯罪、テロ、誘拐などに遭遇した際の実践的な対応策の実技訓練を行います。

(4)安全対策研修(管理者向け)

国際協力事業に従事する企業・団体・NGOの安全管理責任者やご担当者を対象に、テロ・誘拐などの事件、暴動などの危機が発生した場合の本邦及び現地対応、危機管理・対応準備などに関する講義に加え、参加者をグループ分けし、シミュレーション形式でのグループディスカッションを行います。

(ご参考)現地安全対策研修について

脅威度の高い国を中心に、上記(1)、(2)の内容に準じた研修・訓練を現地で開催しています。JICA事業関係者にはJICA在外事務所より開催予定をご案内します。お申し込み・お問い合わせは、各国のJICA在外事務所に直接ご照会ください。

3.JICAとの契約により海外へ渡航される方へ

研修受講義務について

JICAとの契約により海外へ渡航頂く方については、以下の研修受講を渡航の条件としていますので、実施スケジュールを確認の上、渡航前に受講を完了させてください。

なお、JICAが海外に派遣する職員(企画調査員等を含む)、ボランティア、直営専門家(コンサルタント契約の専門家を除く)の方々は、JICAが別途、赴任前研修の一環として行う安全対策にかかる研修の受講を渡航の条件としています。

研修タイトル 受講対象
(1)安全対策研修(Web版) 海外への渡航者全員が受講必須
(ただし、安全対策研修(渡航者向け)を受講済みの方を除く)
(2)安全対策研修(渡航者向け) 海外への渡航者のうち、少なくとも代表者1名は受講必須
(3)テロ対策実技訓練 功労金(戦争特約対象国)への渡航者のうち、少なくとも代表者1名は受講必須
<ご参考>
(4)安全対策研修(管理者向け)
各組織の安全管理責任者(担当者)向けに、危機発生時の本邦及び現地対応を学ぶものであり、受講義務はありません。

(注)上記研修・訓練は定期的に内容をアップデートしています。安全対策はセルフディフェンスが基本であるため、ご自身の安全対策知識・訓練の習熟度に応じ、過去に受講頂いた方についても2年間を目安に再度受講頂くことを推奨しています。

4.よくあるご質問

Q:一般のビジネスや旅行などのため開発途上地域に渡航予定ですが、JICAの安全対策研修に参加できますか。

A:JICAの安全対策研修・訓練は、JICA事業及び国際協力事業に従事する(予定を含む)個人・法人の皆さまを対象としております。ご了承ください。

Q:一法人から複数人数の参加は可能ですか。

A:可能です。定員を超える場合は全員ご受講いただけない可能性があります。

Q:危険地域への渡航は予定していない場合でもテロ対策実技訓練の受講は可能でしょうか。

A:残席があれば受講いただけます。