ボツワナ

ボツワナは、1966年の独立当初、牧畜を基幹産業とし、牛肉の輸出に全面的に依存する世界最貧国の一つでした。しかし、ダイヤモンド、銅、ニッケル、石炭などの鉱物資源の発見により、経済は急速な成長を遂げ、現在では中進国に分類されるに至っています。2017年の一人当たりGDP は、7,595ドル(世銀2018)であり、アフリカにおいて高い水準にあります。産業構造は、鉱業、とりわけダイヤモンド産業に偏重しているため、国内産業の多角化を目指しており、外資導入にも積極的です。JICAは、(1)経済成長のための基盤整備、(2)貧困地域の開発促進を重点分野として支援しています。

事務所情報

ボツワナ支所
JICA BOTSWANA OFFICE

事務所ソーシャルメディア

更新情報

協力情報

プロジェクト紹介(ODA見える化サイト)

事業別プロジェクト一覧

技術協力、有償資金協力(円借款)、無償資金協力、草の根技術協力それぞれのプロジェクト情報は以下からもご覧いただけます。

プロジェクト所在地図

ボツワナで実施中のプロジェクトがどの地域で行われているかご覧いただけます。

インフォメーション

活動紹介/現地レポート

ボツワナでのJICAの活動に関する情報を紹介します。

更新終了済みコンテンツ

その他

その他の情報を紹介します。

協力実績

これまでのボツワナに対する協力の統計をご覧いただけます。

資料・報告書

ボツワナのプロジェクトに関する資料・報告書をご覧いただけます。