コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国は、アフリカでも影響力のある国の一つであり、アフリカ大陸第二位の国土と6700万人を超える人口を有します。その国土や人口規模より、同国の安定・成長は同地域の発展にも大きく貢献するものと考えられています。2002年のプレトリア合意以降、コンゴ民主共和国は過去10年以上に及ぶ紛争を乗り越え、着実に平和と安定を取り戻しつつあります。他方で、長期に亘る紛争の結果、経済は衰退し、国民の生活水準は、一人当たりGNIが2012年には220ドル(世界開発指標(WDI)より)、人間開発指数が最下位(人間開発報告書2013より)と、アフリカの中でも最も低い水準となっています。しかしながら最近の経済成長は目覚ましく、治安改善や豊富な天然資源に支えられ、外国直接投資が順調に増加しています。政府は治安部門改革、インフラ整備、雇用創出、社会サービスの提供(教育、水・電気、医療)を優先課題として挙げています。JICAは、(1)平和の定着支援、(2)経済成長(インフラ整備、職業訓練)、(3)社会サービスへのアクセス改善、(4)環境の保全、を中心とした支援を展開しています。

事務所情報

コンゴ民主共和国事務所
JICA Democratic Republic of Congo Office (JICA DRC Office)

事務所ソーシャルメディア

更新情報

協力情報

プロジェクト紹介(ODA見える化サイト)

プロジェクト紹介

コンゴ民主共和国での代表的なプロジェクトについて紹介します。

事業別プロジェクト一覧

技術協力、有償資金協力(円借款)、無償資金協力、草の根技術協力それぞれのプロジェクト情報は以下からもご覧いただけます。

プロジェクト所在地図

コンゴ民主共和国で実施中のプロジェクトがどの地域で行われているかご覧いただけます。

インフォメーション

活動紹介/現地レポート

コンゴ民主共和国でのJICAの活動に関する情報を紹介します。

更新終了済みコンテンツ

協力実績

これまでのコンゴ民主共和国に対する協力の統計をご覧いただけます。

資料・報告書

コンゴ民主共和国のプロジェクトに関する資料・報告書をご覧いただけます。