JICA地球ひろば 展示(団体訪問プログラム)

大垣市立江並中学校の皆さんがJICA地球ひろばを訪問

2018年5月23日

訪問者コメント

12人が訪問してくれました

・水や食料をむだにしないことの大切さなどを、改めて感じることができて良かったです。
・援助の内容や世界の現状を、学校の授業よりも深く知ることができ、とてもためになった。僕も世界のために何かしたいと思ったし、もっと世界のことを知りたいと思った。
・日本と発展していない国との違いがすごく分かった。JICAに少し興味がもてたので、これから少しずつ勉強したいです。
・世界のあいさつを知っておくと外国へ行ってもあいさつができて便利だなと感じた。三大感染症のマラリアについては、日本の発明が予防に役立っていて、誇らしいなと思った。学校では、子どもがちゃんと教育を受けられずにそのまま大人になっていくのは嫌だなと感じた。
・この世界にはまだまだ知らない現状があることが分かり、とても興味をもった。AK-47という大きな銃を小さな子どもが使っていると聞いて、何も言えない気持ちになった。
・母子手帳が日本から始まったと知り、すごいと思った。

案内人コメント

積極的な発言で意欲的に参加していただきました。
ぜひ今回感じたこと・考えたことを今後の学習につなげ、自分にできることを探し続けていただけたらうれしいです。
またのご来館をお待ちしております。

ページの先頭へ