お知らせ・トピックス

音楽を通して、日本と世界に笑顔の花を!シンガーソングライター中西圭三さん、JICA地球ひろば来訪

2016年4月18日

スタッフより展示の説明を受ける中西さん

水汲みの体験もしていただきました

JICA地球ひろばスタッフと一緒に記念撮影

2016年4月13日(火)、シンガーソングライターの中西圭三さんがJICA地球ひろばを訪問し、現在、開催中の基本展「人間の安全保障展」を見学されました。

中西さんは、音楽活動を通じ、東北の復興支援、オレンジリボン運動(子ども虐待防止)、2020年東京オリンピック開催に向けて障がい者スポーツを応援する「パラスポーツ応援ソング」の作詞作曲等、社会・地域貢献活動も積極的に行っています。また、フィリピンのストリートチルドレン(親元を離れ路上生活をしている子供達)を救うためのチャリティソング制作や、スリランカの子供たちに文房具を送る等、開発途上国への支援活動にも熱心に取り組まれています。

人間の安全保障展では、世界では今もなお、多くの子供たちが小学校に通えない状況や、地雷により被害を受けていること等、世界が抱える様々な課題について、1つ1つの展示を実際に体験しながら、大変興味深くご覧下さいました。

見学後、中西さんより以下のメッセージを頂戴しました。

「世界を舞台にたくさんの日本の方々が自分に出来ることで懸命に貢献している姿を目の当たりにし、大変誇らしく、また勇気をいただける時間でした。それと同時にまだまだ知らない国も文化も、そこに息づく生活も情勢も多様にあるのだということも確認できました。
JICA 地球ひろばは今年で10周年との事。この機会に貴重な体験をさせていただきました。私もCDデビューから今年で25周年になります。今後も音楽を通して、日本と世界に少しでも笑顔の花を咲かせられるよう、自分なりにチャレンジし活動して行きます」

JICA地球ひろばでは、5月10日より教育をテーマとした企画展示「学び・未来・よりよい世界に!」を開催します。また、多くの皆様がJICA地球ひろばに来て下さることを楽しみにしています。

ページの先頭へ