お知らせ・トピックス

平成28年度「子ども霞が関見学デー」にブースを出展

2016年8月2日

展示の様子

7月27日(水曜日)、28日(木曜日)、外務省にて「子ども霞が関見学デー」が開催され、JICA地球ひろばは、《自由参加プログラム「世界を見てみよう!」》内にブースを出展しました。全体来場者数は、2日間で1,600名を越え、多くの方々にご来場いただきました。

今回の展示では「JICA地球ひろば わたし・ちきゅう・みらい」と題し、私たちが生きる地球の環境がどのような状態に陥っているのか考えてもらうための展示を行いました。
来場された学生さんは、クイズシートを持ち、資源問題を紹介するパネルや生物多様性について考える展示など、興味深く見学されている方が多く、夏休みの課題にも活用できる情報をお持ち帰りいただけたのではないかと思います。開発教育教材を持ち帰り、これからもっと調べていきたいという学生さんもいらっしゃいました。

JICA地球ひろばでは、今後も様々な機会を通じ、市民の方々に開発途上国に対する理解や関心を深めていただけるよう活動していきたいと思います。

ページの先頭へ