お知らせ・トピックス

グローバルフェスタJAPAN2016 2日間で約10万人の方にご来場いただきました

2016年10月5日

展示見学中の来場者

民族衣装を試着して記念撮影する来場者

国際協力診断ゲームを試すたかまつななさん

ラオス語スタンプで名前を押す広瀬アリスさん

生物多様性について案内を受けるルー大柴さん

10月1日から2日に開催された国内最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2016」に、今年もブース出展をしました!

グローバルフェスタJAPAN2016の今年のテーマ「for the First Step−新しい目標に向かって−」に合わせ、JICA地球ひろばの展示は「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマとしました。

ラオス語の文字で名前のスタンプが押せるコーナーや、いろいろな国の言葉で「こんにちは」という挨拶の音声を聞くことができるコーナーは、小さいお子様だけでなく、保護者の方にも人気で、ご家族で楽しみながら異文化を感じていただけたようでした。また学生の方は、開発途上国の教育事情を紹介する展示を見て日本の教育と比較したり、地球ひろばおなじみの民族衣装を試着したりと、地球ひろばの展示を存分に体験していただけたかと思います。

また、なんとかしなきゃ!プロジェクトのメンバーである、たかまつななさん、広瀬アリスさん、ルー大柴さんがブースにお越しくださり、地球案内人より展示の案内をいたしました。それぞれ、なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーの活動で、カメルーン、フィリピン、フィジーをご訪問されているので、展示内容についても大変興味深く見学されていたようです。

悪天が心配されていましたが、無事に開催となり、2日間で約10万人もの方にご来場をいただきました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

「JICA地球ひろばの名前は知っているが、行ったことはない」という方も多くいらっしゃったので、これを機に気軽に当施設にもご訪問いただけると嬉しいです!

ページの先頭へ