所長挨拶

JICA地球ひろば所長 天田 聖

【画像】

所長 天田 聖

JICA地球ひろばは、市民による国際協力を推進するための拠点として2006年4月に東京都渋谷区広尾(当時のJICA広尾センター)に設立されました。2012年10月に現在の新宿区市ヶ谷(JICA市ヶ谷ビル)へ移転し、全国の修学旅行生を中心とする学校からの訪問や国際協力に関するイベントへの参加など、市民の皆様方に広くご利用いただき、2017年1月には来館者が累計で150万人を超えました。

地球ひろばには、体験ゾーン(展示・相談コーナー)、交流ゾーン(貸出スペース)、J's Cafe(カフェ)の3つの機能があります。体験ゾーンでは、「地球案内人」と呼ばれるスタッフからの説明と体験型展示によって、開発途上国を中心とした世界の課題を学んでいただくことができます。交流ゾーンは、国際協力・国際交流団体の方々による報告会やセミナーなど、団体の活動や市民の方々との交流にご利用いただいています。J's Cafeは、市ヶ谷ビル2階にあるカフェで、来館の方々にお食事・ご休憩にご利用いただいていますが、ランチタイムには開発途上国のエスニック料理をお出ししています。特に体験ゾーンでの国別の展示に合わせ、在京大使館のご協力を得て準備した各国のお料理も期間限定で提供しています。

平日夕方や休日には、JICA地球ひろば主催のセミナーも多数開催しています。BOPビジネスなど民間企業の方々にも関心が高いテーマのセミナーや、アフリカや中央アジアなど普段接する機会が少ない国に関する映画上映会等を開催し、多くの方々に参加いただいております。

今後も、様々な民間団体、市民の皆様方に地球ひろばをご活用いただき、開発途上国と日本との相互依存関係、開発途上国や世界全体が直面している環境、食料、資源エネルギー、防災、感染症等の諸課題、国際協力の意義などに関する理解を深める上でお役に立てれば幸いです。

グローバル人材育成のニーズや国際協力を通じた地域の国際化・活性化の重要性が増している昨今、JICA地球ひろばといたしましても、皆様方のご要望にお応えできるよう、精一杯取り組んでいく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ