ボランティア地球案内人

JICA地球ひろばの「ボランティア地球案内人」の概要・募集要項を掲載しています。

ボランティア地球案内人とは

【画像】

JICA地球ひろばには「地球案内人」と呼ばれるガイドがいます。「体験ゾーン」の展示を説明したり、国際協力に関する相談に乗ったり、各種イベントの運営を行っております。

その地球案内人をお手伝いしてくれるボランティアの方々を「ボランティア地球案内人」と呼んでいます。

JICA地球ひろばの「ボランティア地球案内人」として、みなさんも地球案内人のお手伝いをしながら、国際協力やJICAのことを学んでみませんか?

ボランティアの活動時間と活動内容

活動時間

月に1回以上で、JICA地球ひろば開館日のうち、下記の時間帯の希望を出していただきます。

【基本活動時間】
A.10時から13時まで B.13時から16時まで C.16時から20時まで(土・日・祝日は18時まで)
(注)A+B、B+Cの時間帯の活動も歓迎。

活動内容

  • JICA地球ひろば体験ゾーン(展示施設)での一般訪問者への展示案内
  • 団体訪問プログラムの受け入れ対応、展示案内
  • 展示入れ替え時の補助
  • 地球案内デスク業務補助(資料整理、発送補助、アンケート入力など)
  • JICA地球ひろばが開催するセミナー・イベントでの受付などの運営補助
  • 広報活動、展示物案内表示の作成等

募集締め切り

2019年4月21日(日曜日)書類必着
(注)書類選考後、面談を行います。面談は以下の日程で行いますので、ご希望の日時を「ボランティア地球案内人登録申込書」にご記入下さい。面談日時については、書類選考後に改めてご連絡致します。万が一、以下の日程でご都合がつかない場合は、別途ご相談ください。

面談日時:
5月11日(土曜日)10時から11時、14時から15時、16時から17時
5月12日(日曜日)10時から11時、14時から15時、16時から17時

面談場所:JICA地球ひろば(JICA市ヶ谷ビル内)

登録期間

2019年6月1日(土曜日)から2020年3月31日(火曜日)

応募資格(登録条件)

  • 2004年4月1日以前に生まれた方(高校生は保護者の同意が必要です)
  • 国籍は問いませんが、日本語で案内ができる方
  • 国際協力、開発教育、開発途上国の課題に関心がある方
  • 人と接するのが好きな方、また、初対面の方とコミュニケーションが取れる方
  • 登録期間中、月1回(3時間)以上の活動が可能な方
  • 面談(5月11日、12日のどちらか1日)、およびオリエンテーション(6月8日)に参加可能な方

((注)ボランティア経験の有無は問いません)

登録までの流れ

1. 応募

以下のお問合せ・お申込ボタンから、次のページに進み、「ボランティア地球案内人登録申込書」・「ボランティア地球案内人新規登録者交通費申請書」の2点をダウンロードし、ご記入の上、地球案内デスク宛にファックス、Eメール、または郵送にてご送付ください。
なお、1週間経過しても返信がない場合はお問い合わせください。

2. 結果の通知

書類選考後、面談のご連絡をいたします。

3. 面談

予定日:2019年5月11日(土曜日)、12日(日曜日)

4. 活動開始

まず、オリエンテーションに参加していただきます。
予定日:2019年6月8日(土曜日)

【オリエンテーション内容】

  • JICA概要およびJICA地球ひろば、市民参加協力について
  • 展示案内のポイント、展示説明
  • 地球案内人や他の登録者に対する案内研修

その他

  • ボランティア参加時(オリエンテーション含む)の交通費(往復上限2,000円)を支給いたします。
  • 交通費は「自宅最寄駅からの経済路線」で算出した金額となります。但し、面談時の交通費は支給いたしません。
  • バス運賃については、原則、バス乗車距離が、片道1km以上の場合に補助いたします。必ず距離証明書をご提出ください。
  • 遅刻や連絡無しのキャンセルなど、勤務態度が著しく良くないと判断される場合はボランティア登録から削除する場合があります。
  • ボランティア保険へはJICAが加入いたします。

ページの先頭へ